【世界の街角】東洋のパリと呼ばれるベトナム・ホーチミンで楽しむ幻想的なコロニアル建築

LCC「ベトジェットエア」の日本就航により、ますます旅先として存在感が高まっているベトナム。19世紀末~20世紀半ばのベトナムは、隣国のラオス・カンボジアとともに「フランス領インドシナ」と呼ばれていました。

【世界の街角】東洋のパリと呼ばれるベトナム・ホーチミンで楽しむ幻想的なコロニアル建築


フランスによる統治を脱してから70年以上が経った今も、街並みから食文化まで、ベトナムのあちこちでフランス文化の片鱗を感じることができます。

そして、その最たるものが、「東洋のパリ」と称されたホーチミンのコロニアル建築群かもしれません。東南アジアとヨーロッパの風景が融合した、どこか幻想的なホーチミンの街を歩いてみましょう。

ホーチミンを代表するコロニアル建築といえば、ホーチミンのシンボル的存在のサイゴン大教会。正式には「聖母マリア教会」といい、教会前の広場には聖母マリア像が静かにたたずんでいます。

【世界の街角】東洋のパリと呼ばれるベトナム・ホーチミンで楽しむ幻想的なコロニアル建築


1863年から1880年にかけて建設されたホーチミン最大の教会で、凛とした雰囲気を醸し出す2本の尖塔が印象的です。

【世界の街角】東洋のパリと呼ばれるベトナム・ホーチミンで楽しむ幻想的なコロニアル建築


驚くべきは、赤レンガなどの建築資材をすべて本国フランスから取り寄せたこと。だからなのか、サイゴン大教会は、ここだけふわりと浮き上がったような、非日常的な空気をまとっています。現在、修復工事の真っ最中で、2019年末~2020年の完成を予定しています。

【世界の街角】東洋のパリと呼ばれるベトナム・ホーチミンで楽しむ幻想的なコロニアル建築


サイゴン大教会の向かいに建つ中央郵便局も、やはりホーチミンを象徴するコロニアル建築のひとつ。鮮やかなクリームイエローの外壁が、南国の空によく映えます。

あわせて読みたい

気になるキーワード

GOTRIP!の記事をもっと見る 2019年4月17日のトラベル記事
「【世界の街角】東洋のパリと呼ばれるベトナム・ホーチミンで楽しむ幻想的なコロニアル建築」の みんなの反応 6
  • 井本彩花 北山奈都美 通報

    井桁弘恵 秋谷綾乃

    1
  • 伊藤千咲美 通報

    飯塚真穂

    1
  • 小泉なつみ、井桁弘恵 通報

    井桁弘恵、小泉奈津美

    1
  • 河内美里 通報

    高沢里奈

    1
  • 桜愛美 通報

    原田葵

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「シンガポール」のニュース

次に読みたい関連記事「シンガポール」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「インドネシア」のニュース

次に読みたい関連記事「インドネシア」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マレーシア」のニュース

次に読みたい関連記事「マレーシア」のニュースをもっと見る

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。