【世界の街角】世界遺産の古都トルコ・ブルサは、オスマン朝の伝統が息づく心地よい街

日本人にとって、トルコ旅行といえば、イスタンブールとカッパドキアが定番。しかし、日本の約2倍の国土をもつトルコには、まだまだ知られていない魅力がたくさんあります。

トルコ各地を周遊するのはかなり大変ですが、イスタンブールからアクセスしやすい観光都市が、ブルサ。オスマン帝国最初の都が置かれた古都で、周囲を山に囲まれた自然豊かな環境から、「緑のブルサ」とも呼ばれています。

2014年には、近郊の村ジュマルクズクとともに、世界遺産にも登録されました。

【世界の街角】世界遺産の古都トルコ・ブルサは、オスマン朝の伝統が息づく心地よい街


世界遺産にもかかわらず、外国人観光客であふれるイスタンブールとは対照的に、ブルサは地元の人々で賑わう街。観光客も外国人よりトルコ人のほうが多く、トルコの都市本来の雰囲気が感じられます。

【世界の街角】世界遺産の古都トルコ・ブルサは、オスマン朝の伝統が息づく心地よい街


イスタンブールからのアクセスで早いのは、高速船を利用する方法。イスタンブールのイェニカプ港から約1時間30分でブルサ近郊のギュゼルヤル港に到着。そこから市内中心部までは、バスとブルサライ(ミニ地下鉄)を乗り継いで一時間弱です。

ブルサのランドマークが、街の中心に建つウル・ジャーミィ。

【世界の街角】世界遺産の古都トルコ・ブルサは、オスマン朝の伝統が息づく心地よい街


20個の円天井をもつセルジューク様式のモスクで、40年をかけて1421年に完成しました。あまりにも大きいので、近くからではその全貌を写真に収めることはできません。

【世界の街角】世界遺産の古都トルコ・ブルサは、オスマン朝の伝統が息づく心地よい街


ウル・ジャーミィを特徴づけているのは、外観よりもむしろ内観。モスク内部に清めの泉がある珍しい構造で、柱や壁に描かれたカリグラフィー(イスラム書道)にも目を奪われます。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 世界遺産 日本
  2. 世界遺産 長崎
GOTRIP!の記事をもっと見る 2019年8月24日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「世界遺産 + 長崎」のおすすめ記事

「世界遺産 + 長崎」のおすすめ記事をもっと見る

「世界遺産 + 日本」のおすすめ記事

「世界遺産 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。