トルコ・イスタンブールの新名所「ネヴメカン・サヒル」とは?

黒海からマルマラ海に注ぐボスポラス海峡によってヨーロッパとアジアにわかれるイスタンブールは、トルコ最大の都市。

ヨーロッパ側とアジア側ではまるで雰囲気が異なり、それぞれの地域の特性を活かしながら日々発展を続けるイスタンブールは、いつどこを歩いても新しい発見がある街です。

アヤソフィア大聖堂やトプカプ宮殿など、ローマ帝国時代やオスマン帝国時代の遺産の多くはヨーロッパ側に集中しており、多くの旅行者で賑わっています。

それに対してアジア側の街には観光名所となるようなスポットが少ないため、旅行者も少なく、飾らない庶民の暮らしを垣間見ることができます。

そんなイスタンブールのアジア側を代表するエリアといえばユスキュダル。

紀元前7世紀頃に古代ギリシアの都市国家に住むメガラ人によってこの地に造船所が建設されたのがユスキュダルのはじまりといわれています。

その後ユスキュダルは14世紀にオスマン帝国の支配下に入り、今日まで発展してきました。

そんなユスキュダルの観光名所といえば、ボスポラス海峡にぽつりと浮かぶ不思議な城塞、乙女の塔が有名です。

トルコ・イスタンブールの新名所「ネヴメカン・サヒル」とは?


この塔が見える海峡沿いに、ユスキュダルの新名所ともいえる「ネヴメカン・サヒル」がオープンしました。

トルコ・イスタンブールの新名所「ネヴメカン・サヒル」とは?


「ネヴメカン・サヒル」は、市営バスの車庫として使用されていた大規模な土地を利用して造られた施設で、天高いドームがまるでモスクのような開放感あふれる空間になっています。

ボスポラス海峡を思わせる濃い青で統一された近代的な施設内部には、図書館、カフェ、レストラン、アートギャラリーなどがあり、複合的な商業施設となっています。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 観光 東京
GOTRIP!の記事をもっと見る 2019年9月16日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「観光 + 東京」のおすすめ記事

「観光 + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら