元は教会?!スルタンがアラブ人に捧げたイスタンブールのモスク「アラプ・ジャーミィ」

元は教会?!スルタンがアラブ人に捧げたイスタンブールのモスク「アラプ・ジャーミィ」
       
東洋と西洋の文化が交わるトルコ最大の都市、イスタンブール。この街は長い歴史の中で様々な宗教背景を持つ国に支配され、オスマン帝国時代には人種や宗教、それに付随する文化の多様性を認めながら、今日にまで発展してきました。

終日歩行者天国になっているイスティクラル通りやジェノア人が建てたガラタ塔で知られるイスタンブールの新市街には。「アラプ・ジャーミィ」つまり「アラブ人のモスク」という変わった名前のモスクがあります。一見教会のように見えるこのモスクも、宗教や人種を超えて現在に至るまで利用されている、いわばイスタンブールの歴史の縮図のようなモスクなのです。

元は教会?!スルタンがアラブ人に捧げたイスタンブールのモ...の画像はこちら >>


いまではモスクとして、毎日の礼拝の時間には地元の人々が集まる場所となって新市街の街に溶け込んでいますが、この建物自体は、元は1325年にドミニコ修道会の会員によってローマ・カトリック教会として建てられたものでした。

14世紀にこの辺りに住んでいたジェノア共和国のジェノア人たちの管理下にあり、1453年にオスマン帝国のメフメト2世がコンスタンティノープルを陥落させてからもしばらくはそのままの状態でした。

しかし、コンスタンティノープルの対岸のこの地区に目をつけたメフメト2世は、1475年から1478年にかけてついに教会をモスクに改修しました。いまではこのエリアはカラキョイと呼ばれていますが、当時はガラタと呼ばれていたため、この時から「ガラタ・ジャーミィ」として知られるようになりました。

あわせて読みたい

GOTRIP!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月4日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。