まるでヨーロッパの宮殿!バルヤン一家が手掛けたイスタンブールのモスク「ドルマバフチェ・ジャーミィ」

まるでヨーロッパの宮殿!バルヤン一家が手掛けたイスタンブールのモスク「ドルマバフチェ・ジャーミィ」
       
東西の文化が入り混じるトルコ最大の都市、イスタンブール。この街は黒からマルマラ海に注ぐボスポラス海峡によって大陸がヨーロッパとアジアに二分されています。ヨーロッパ側は、金角湾によってさらに旧市街と新市街に分かれており、エリアごとに街の雰囲気が異なるのは、イスタンブールならではの魅力です。

ヨーロッパ側新市街には、西洋化、近代化を目指した頃に建設されたオスマン帝国時代の美しい宮殿やモスクが多く残っています。そのなかでも、まるでヨーロッパの宮殿のような美しい内装が特徴的なモスク、ドルマバフチェ・ジャーミィをご紹介しましょう。

まるでヨーロッパの宮殿!バルヤン一家が手掛けたイスタンブ...の画像はこちら >>


ドルマバフチェ・ジャーミィは、新市街のベシクタシュというエリアにあります。サッカーの試合が行われるボーダフォンアリーナの目の前にあり、このスタジアムと並んで、ベシクタシュの街を象徴する建築物の一つとなっています。

まるでヨーロッパの宮殿!バルヤン一家が手掛けたイスタンブールのモスク「ドルマバフチェ・ジャーミィ」


ドルマバフチェ・ジャーミィは、1853年、当時のオスマン帝国31代目の皇帝アブデュルメジト1世の母であるベズミャレン・ヴァリデ・スルタン(Bezmialem Sultan)の命により建設が始められました。彼女はこのモスクだけではなく、イスタンブールやメッカに病院を建設させたほか、金角湾に橋をかけさせたり、街中に泉亭を造ったり修繕させたりするなど、存命中は母后(ヴァリデ)の権力を利用して様々な建造物をつくらせ、街の発展に貢献しました。

このモスクの設計を任されたのは、18世紀から19世紀にかけてオスマン宮廷に仕えていたアルメニア系建築家のバルヤン一族の子孫にあたるガラベット・アミラ・バルヤンです。

あわせて読みたい

GOTRIP!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「海」に関する記事

「海」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「海」の記事

次に読みたい「海」の記事をもっと見る

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月26日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。