同じ広さでも全然違う☆広く見えるお部屋をつくる10の方法

同じ広さのお部屋でも、広く見えたり、窮屈に見えたりと感じ方は変わります。限られた生活空間が少しでも広く感じるには、どのようにすればよいのでしょうか。RoomClipユーザーさんの、家具選びや配置、色の取り入れ方に注目しながら、広く見えるお部屋をつくる10の方法を見てみましょう。



高さに注目

お部屋に配置するものの高さは、お部屋が広く見えるか、狭く見えるかということに大きく影響します。お部屋が広々と見えるユーザーさんのお部屋の、ものの高さに注目して、広く見せる方法をご紹介します。


■高さの低い家具を選ぶ

同じ広さでも全然違う☆広く見えるお部屋をつくる10の方法
撮影:miyaさん


こちらはmiyaさんが暮らす1Kのお部屋です。淡い色でコーディネートされ、家具が同じ色でそろえられたお部屋は、女性らしく優しい印象です。テーブルやテレビボード、それにベッドなど、高さを抑えた家具選びは、お部屋が広々と感じます。床に低い位置で生活すれば、心が落ちつき、ゆったりと過ごすこともできます。


■背の高いものを手放して壁を見せる

同じ広さでも全然違う☆広く見えるお部屋をつくる10の方法
撮影:miomioさん


大型テレビを手放したというmiomioさんのリビングです。大きなテレビは、テレビボードの上に置いたりすれば高さが出て存在感が出やすく、インテリアの印象も崩しがちになります。けれど手放されたことで、低い家具のみになり、白い壁が見える範囲が広がりました。壁が見える面積が広がれば、お部屋が広々と感じます。


■カーテンレールを高い位置につける

同じ広さでも全然違う☆広く見えるお部屋をつくる10の方法
撮影:arilemaさん


arilemaさんのリビングは、淡い色とブルーで、さわやかにコーディネートされています。注目したいのは、カーテンレールの位置。高い位置に設置されているため、カーテンが床から天井まで伸びています。こうすることで視線が上がり、天井が高く感じられます。これも、お部屋が広く見える工夫のひとつです。


あわせて読みたい

RoomClip magの記事をもっと見る 2019年7月15日のライフスタイル記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら