勉強道具をすっきりと!子ども部屋で取り入れたい収納術

小学校に入ったら、日々の勉強を習慣づけると同時に、教科書やノート、通信教育のテキストなどの勉強道具を、お子さん自身で管理する練習もしていきたいものですね。今回は、ぜひ子ども部屋に取り入れたい、お子さんが片付けやすく、そして準備をするときに分かりやすい、勉強道具の収納方法を見ていきましょう。



立てる収納をより使いやすく

最初に、一般的に用いられることが多い、教科書やノートを立てて収納する方法を見ていきましょう。どのようなアイテムを使ってより使いやすくしているのかということに、注目してみてくださいね。


■ファイルボックスでシンプルに

勉強道具をすっきりと!子ども部屋で取り入れたい収納術
撮影:linu.a.a.aさん


お子さんの勉強道具をファイルボックスに収納し、学習机の上に置いている実例です。ファイルボックスを使うと、教科書などが倒れにくく、また、自分の使いやすいように分類できるのが◎です。教科書などをファイルボックスに入れたことで、おしゃれなホワイトインテリアになじんでいるのもいいですね。


■ファイルボックスの向きを工夫して

勉強道具をすっきりと!子ども部屋で取り入れたい収納術
撮影:411.kaoriiiiさん


ニトリのカラーボックスを使って作られたというランドセル&制服ラックは、1か所に必要なものがそろっていて、とても便利そう♪教科書類もファイルボックスを使って、すっきりと収納されていますね。棚の中では、このように前方が遮られないようにファイルボックスの向きを工夫すると、取り出しやすくなりますよ。


■仕切りスタンドで美しく

勉強道具をすっきりと!子ども部屋で取り入れたい収納術
撮影:koma42chima1128さん


仕切りスタンドを、縦にして使用している実例です。縦にすることでサイドの高さがアップし、より安定感が増していますね。また、アクリル素材なので、空間に圧迫感が感じられないのもポイント。見た目がよりシンプルに美しくまとまりやすくなり、お子さんのキレイに片付けたいというモチベーションにつながりそうです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

RoomClip magの記事をもっと見る 2019年6月13日のライフスタイル記事

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。