水中でゆっくりと花開く姿を愛でる♡工芸茶のある優雅なティータイム

突然ですが、工芸茶をご存知ですか?工芸茶とは中国茶の一種で、糸で束ねた茶葉の中に食用花を包み込んで、ボール状などに形を整えたお茶です。お湯を注ぐと茶葉が開き、中のお花がゆっくりと開いていきます。水中でお花が開く様子を眺めながら、贅沢なティータイムが味わえますよ。



工芸茶ってどんなお茶?

華やかな工芸茶は、お湯を注ぐ前はどんな形をしているのでしょうか。こちらでは注ぐ前の写真や、注いだ後の比較写真などをご紹介します。また購入先は、ネットショップや専門店、中華街などさまざまな場所のようですよ。


■丸い形の茶葉からお花が顔を出す

水中でゆっくりと花開く姿を愛でる♡工芸茶のある優雅なティータ...の画像はこちら >>


丸い形の茶葉の状態から、お湯を注いで開いた様子を撮影された4-3さん。お湯を注いで花が開くところが見たくて、何度も買ってしまうのだそう。水中でゆっくりと開花していく姿は、うっとり見入ってしまうような美しい光景なのでしょうね。


■お茶に付けられた名前もさまざま

水中でゆっくりと花開く姿を愛でる♡工芸茶のある優雅なティータイム
撮影:kochimaruさん


kochimaruさんが購入されたのは、「水中花籠」というジャスミンティーの工芸茶です。水中で籠のようになるのかな?とお湯を注ぐ前からドキドキされたそう。こちらのお茶は、お湯を注ぐと茶葉がバスケットのように広がり、その上に取っ手のようなお花のアーチができることから名付けられているようですよ。


■工芸茶1つでこんなに楽しめる!

水中でゆっくりと花開く姿を愛でる♡工芸茶のある優雅なティータイム
撮影:suzyさん


工芸茶専門店「クロイソス」でさまざまな種類の工芸茶をお求めになったというsuzyさん。開くお花を想像しながら、選ぶのが楽しくなりそうです。少々高級なお茶ですが、1つのお茶で1リットル分程のお茶が作れ、飲み終わった後はお水に入れて水中花として鑑賞し、最後は乾燥させて防虫や芳香として使えるのだそう☆


この記事の画像

「水中でゆっくりと花開く姿を愛でる♡工芸茶のある優雅なティータイム」の画像1 「水中でゆっくりと花開く姿を愛でる♡工芸茶のある優雅なティータイム」の画像2 「水中でゆっくりと花開く姿を愛でる♡工芸茶のある優雅なティータイム」の画像3 「水中でゆっくりと花開く姿を愛でる♡工芸茶のある優雅なティータイム」の画像4
「水中でゆっくりと花開く姿を愛でる♡工芸茶のある優雅なティータイム」の画像5 「水中でゆっくりと花開く姿を愛でる♡工芸茶のある優雅なティータイム」の画像6 「水中でゆっくりと花開く姿を愛でる♡工芸茶のある優雅なティータイム」の画像7 「水中でゆっくりと花開く姿を愛でる♡工芸茶のある優雅なティータイム」の画像8
「水中でゆっくりと花開く姿を愛でる♡工芸茶のある優雅なティータイム」の画像9 「水中でゆっくりと花開く姿を愛でる♡工芸茶のある優雅なティータイム」の画像10 「水中でゆっくりと花開く姿を愛でる♡工芸茶のある優雅なティータイム」の画像11
編集部おすすめ

あわせて読みたい

RoomClip magの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク