Jリーグ初の信州ダービーで激怒!長野監督が真意激白「このタイミングの笛は…」
拡大する(全1枚)

 AC長野パルセイロは15日、明治安田生命J3リーグ第9節・松本山雅戦で0-0の引き分けに終わっている。Jリーグの舞台で初めて「信州ダービー」が開催されたことで話題を呼ぶ中、AC長野パルセイロのシュタルフ悠紀リヒャルト監督が試合終了のタイミングに対して不満をあらわにしている。

 長野Uスタジアムに13000人以上の観客が詰めかける独特の雰囲気の中で行われた一戦では、ダービーならではの激しい攻防が展開。松本山雅は前半に2度決定機を迎えたものの、いずれもFW横山歩夢(19)がシュートを決め切れず、前半を0-0で終える。

 後半に入っても松本山雅がやや優位に試合を進める中、AC長野パルセイロは79分にDF池ヶ谷颯斗(30)がフリーキックから無回転シュートを放つものの、GKビクトル・イバニェス(33)のセーブに遭う。終盤には両チームともにチャンスを作ると、後半アディショナルタイムにはAC長野パルセイロがパワープレーに。95分30秒にAC長野パルセイロのDF水谷拓磨(26)が右サイドからゴール前にクロスを放り込んだが、松本山雅のディフェンス陣がヘディングでクリアし、試合終了のホイッスルが鳴った。

 すると、シュタルフ悠紀リヒャルト監督は第4審判に対して激怒。「13000人が来ているんだぞ。サッカー理解してくれよ。そういうもんなんだよ。テレビ見ろよ」という声が集音マイクを通じて確認できる。

 そんなシュタルフ悠紀リヒャルト監督は試合後にインスタグラムを更新。「最高な応援ありがとうございました。期待に応えられず申し訳ない」とサポーターにメッセージを送っている。