バンタン出身のメンズ4ブランドがデビュー、合同展示会で発表

バンタン出身のメンズ4ブランドがデビュー、合同展示会で発表
MARUTAS Image by: FASHIONSNAP.COM
 バンタンデザイン研究所出身者によるメンズブランド「コヤリ(koyari)」「サウル(SAWL)」「マインド(MinT")」「キャスティング(CASTING)」が、2019年秋冬シーズンに本格デビューする。4ブランドの合同展示会「MARUTAS」を開催し、2019年秋冬コレクションを発表した。 【画像をもっと見る】

 小鑓友博が手掛ける「コヤリ」は、「アンダーグラウンドに根付く精神、カルチャーの表現」をコンセプトに、2019年秋冬コレクションでは小鑓が好きだというレゲエカルチャーをストリートウェアに落とし込んだ。ジャケットやニットをはじめ、ボブ・マーリー(Bob Marley)を中心としたバンド ウェイラーズ (The Wailers)をオマージュし、「The Tailors」のプリントを施したフーディーなどを展開する。

コヤリ:2019年秋冬コレクション全ルック

 森大周が手掛ける「サウル」は、「DIVERSITY WEAR-多様性のある服-」がコンセプトのメンズブランド。今シーズンは「WELCOME TO THE SAWL's MEMES」をテーマに、国籍や性格が異なる5人の男性像として「二面性のある高校生ハッカー」「敗北を知らない勝負師」「愛を求める女々しい少年」「近代に失望した元軍人」「道中を楽しむ流浪者」をイメージし、フーディーやジャケット、シャツなどを製作した。

サウル:2019年秋冬コレクション全ルック

あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る 2019年3月30日のファッション記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。