今後の成長戦略では、オンラインとオフライン双方の体験価値を融合した「デジタルストア」の実現を目指すほか、チャット接客やビデオ接客、ライブコマース、リモート接客などデジタルを活用した接客を強化する計画。また、デジタルトランスフォーメーションによる新しいビジネスモデルの創出、フルフィルメントやサプライチェーンの改革も視野に入れている。

■主要アパレル各社のEC売上高
ベイクルーズ(2020年8月期) 510億円
ユニクロ(2019年8月期、国内のみ)832億円
アダストリア(2020年2月期、国内のみ)436億円
TSIホールディングス(2020年2月期)363億円
オンワードホールディングス(2020年2月期)333億円
ユナイテッドアローズ(2020年3月期)292億円
ワールド(2020年3月期)250億円 ※ECを含むデジタル事業の売上高
三陽商会(2020年2月期)84億円
バロックジャパンリミテッド(2020年2月期、国内のみ)77億円
TOKYO BASE(2020年2月期)56億円

※各社決算資料より抜粋