実際どれくらい違うの?PS5とPS4 ProとPS4のスペックを比較してみた!
拡大する(全2枚)

2020年11月12日(木)に発売が決定した次世代PlayStationPlayStation 5」(以下PS5)
価格もディスクドライブのついた「PS5」が49,980円(税抜)、ドライブ無しの「デジタルエディション」が39,980円(税抜)と想像以上の安さにも驚かされましたね!
「ハイスペック!」「PS5安すぎ!」「物売るっていうレベルじゃねぇぞ!」と話題になっていますが、実際PS4と比べてどうなのでしょうか?
せっかくなのでPS5とPS4 ProとPS4のスペックや値段を比較してみました!



スペック&価格を比較!

今回発表されたPS5のスペックを基準にして、PlayStation公式サイトで公開されているPS4 ProとPS4のスペックを当てはめて表にしてみました!


実際どれくらい違うの?PS5とPS4 ProとPS4のスペックを比較してみた!

こうして比べて見ると性能面では大幅にパワーアップしているのがわかりますね!
良いところばかり上げても仕方ないので、逆にPS5のマイナス面となると、ディスクドライブ付きの重量が約4.5kgとPS4の倍以上の重量となっています。
サイズで言うと幅がPS5は390mmとPS4 Proと比べて100mm、つまり10cmも大きくなっています。
最大消費電力も、デジタルエディションが340WとPS4の2倍以上となっています。
PS5はハイスペックな分、サイズや重量が増し、消費電力も大きくなっているのがわかりますね。



価格を比べるとPS5デジタルエディションはPS4 Proの1TBモデルと同じ39,980円(税抜)という価格なのに驚きです!
PS4 ProはHDDだったのに対して、PS5はSSD、それも825GBの容量があることを考えたら、むしろ安くなっていると言えるのではないでしょうか?


この記事の画像

「実際どれくらい違うの?PS5とPS4 ProとPS4のスペックを比較してみた!」の画像1 「実際どれくらい違うの?PS5とPS4 ProとPS4のスペックを比較してみた!」の画像2