海外でレンタカーを使うとき「国際免許証よりも大事なもの」とは…

海外でレンタカーを使うとき「国際免許証よりも大事なもの」とは…

年末年始を海外で過ごそうとする人の中には海外でレンタカーを借りてドライブ旅行を楽しもうという人も少なくないだろう。そこで、今回は海外ドライブに必須の免許証について書いてみようと思う。手数料を支払って免許センターに出向き、国際免許証を発行してもらう必要がないケースもある。

海外でレンタカーを使うとき「国際免許証よりも大事なもの」とは…

■海外ドライブに必要な免許とは?

海外ドライブに必要な免許証といえば普通は国際免許証を思い浮かべるだろう。もちろん、国よって国際免許証は必要だ。しかしこれより最も大事なもの……それは日本の運転免許証である。こちらは、むしろ筆者の経験上、日本の免許証>国際免許証である。国際免許証はあくまでも、日本の免許証の「翻訳版」という位置づけなので、必ず日本の免許証とセットで使う必要がある。また、後述するが国や地域によっては日本の免許証だけでOKだったり、無料の運転免許証翻訳フォームを使って国際免許証の代わりにできたりするシステムもある。

■日本の免許証を忘れるとどうなるのか?

海外でレンタカーを使うとき「国際免許証よりも大事なもの」とは…

日本の免許証を忘れると……レンタカーを借りることができない。少なくともアメリカはそうである。

実は先月、SEMAショウの取材でアメリカに行った際、途中でレンタカーを入れ替える必要が出てきたのでレンタカー会社のカウンターに車を走らせた。最初に借りた時に日本の免許証を確認しているのだから、国際免許証だけあればよいと思っていたらとんでもない間違いだった。

...続きを読む

あわせて読みたい

GetNavi webの記事をもっと見る 2019年1月13日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。