【インタビュー】シリーズ集大成の『逆転裁判6』裏テーマは継承だった!そこに込められた開発者の想いとは…

【インタビュー】シリーズ集大成の『逆転裁判6』裏テーマは継承だった!そこに込められた開発者の想いとは…
【インタビュー】シリーズ集大成の『逆転裁判6』裏テーマは継承だった!そこに込められた開発者の想いとは…
       
2016年10月12日で15周年を迎える、カプコンの法廷バトルアドベンチャーゲーム『逆転裁判』。その最新作である3DSソフト『逆転裁判6』が6月に発売されました。

『逆転裁判6』では「成歩堂龍一」と「王泥喜法介」というW主人公で物語が展開され、新たな舞台「クライン王国」や新システム「霊媒ビジョン」が登場。さらには過去作品からの懐かしのキャラクターとシステムが本作を彩り、あらゆる面でシリーズの集大成とも言える作品に仕上がっています。

インサイドでは、そんな『逆転裁判6』の発売を記念して、プロデューサーの江城元秀氏とディレクターの山崎剛氏にインタビューを実施。本作の成り立ちや見所はもちろん、今後の『逆転裁判』の展開についてお話を伺ってきました。

江城氏/山崎氏
――10月で15周年を迎える『逆転裁判』ですが、そもそもどの様な所がシリーズの魅力だと考えられていますか。

山崎: ADVは、お話を楽しむのがメインのタイトルが多いかと思いますが、『逆転裁判』はアクションゲームの様な爽快感を楽しめるADVなんですよ。これが『逆転裁判』の面白さでもあり魅力ですね。謎を解いて証拠品と「異議あり!」を憎らしい証人に叩きつける瞬間!それはアクションゲームでいう“必殺技が当たったとき”の瞬間であり、それと同様の快感があると思います。またミステリー作品として、”謎解きの楽しさ”と、”意外な犯人といったサプライズ”という2つの要素を再現できる数少ないゲームでもあります。

当時の記事を読む

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年7月15日のゲーム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。