日本進出の中国ゲームの売上高が中国進出の日本ゲームの売上高を上回る

日本進出の中国ゲームの売上高が中国進出の日本ゲームの売上高を上回る
日中モバイルゲーム売上比較レポートが公開─中国産ゲームの勢いが鮮明に
日本、アメリカ、中国、韓国など21カ国のアプリゲーム市場を分析するMobile Indexから「中国に進出した日本ゲームVS日本に進出した中国ゲームの実績分析」が発表。2017年の中国に進出した日本モバイルゲームの総合売上高が307億円、同年日本に進出した中国モバイルゲームの総合売上高は417億円と、中国モバイルゲームの日本総合売上が日本モバイルゲームの中国総合売上高上回る結果が出ました。

■2017年日中モバイルゲーム総合売上比較

中国に進出した日本モバイルゲームの売上1位は『Fate/Grand Order』(以下、FGO)の132億円。2位は『NARUTO火影忍者』の105億円、3位は『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』の28億円。『FGO』と『NARUTO火影忍者』合わせて全体の3分の2以上を占める一方で、3位以下は売上の差が開いています。

対して、日本に進出した中国モバイルゲームの売上1位は『THE KING OF FIGHTERS 98UM OL』(以下、KOF’98 UM)の98億円。2位が『あんさんぶるスターズ!』(以下、あんスタ)の88億円、3位が『アズールレーン』の76億円、4位の『Clash of Kings』が64億円、『戦艦帝国』が54億円と、日本と比べて上位陣の差が少ないのと、人気タイトルの多さがうかがえます。

■2017年日中モバイルゲームの月別売上比較

日本ゲームの平均月別売上は26億円に対して、中国ゲームの平均月別売上は47億円。日本ゲームは中国において月ごとに売上が増減し、中国ゲームの売上は持続的に成長している傾向が見られます。とくに2018年1月以降は日本ゲームの売上は減少し続けており、1月は『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』の売上上昇で40億円を記録したものの、2月以降は『FGO』と『NARUTO火影忍者』の売上減少が響いていることが報告されています。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2018年6月7日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。