ゲーム業界人に訊く2018年の振返りと2019年の抱負【年頭所感】

ゲーム業界人に訊く2018年の振返りと2019年の抱負【年頭所感】
ゲーム業界人に訊く2018年の振返りと2019年の抱負【年頭所感】
インサイド編集部に各ゲーム企業の代表の方、クリエイターの方に年頭所感を頂きましたのでのでご紹介させて頂きます。(掲載は五十音順。)

年末のお忙しい時期に関わらずご回答頂いた皆様、ご調整頂きました広報担当の皆様、誠にありがとうございました。この場を借りて改めて、厚く御礼申し上げます。

アークシステムワークス株式会社

取締役/GUILTY GEARシリーズゼネラルディレクター 石渡 太輔氏
新年あけまして、おめでとうございます。

2018年は雑誌、テレビ、新聞など、一般的なメディアでEスポーツ関連のトピックを多く目にしました。これを一過性の話題にさせないことが、我々の業界の務めであります。こういった取り組みを始める年として、昨年はこの場のコメントで意気込みを語らせていただきました。しかし今どきのゲーム開発は、作品を作るだけでは終わりません。その面白さを、どうやって人に伝えるか、ユーザーコミュニティがどのように成長する可能性があるかも考える必要があります。時間と吟味を重ねる仕事です。残念ながらまだその内容を語ることはできませんが、我々アークシステムワークスは、驚きと新体験を追及し続けていく所存です。
今年もどうぞご注目いただければ幸いです。

取締役/BLAZBLUEシリーズプロデューサー 森 利道氏
あけましておめでとうございます。アークシステムワークスの森です。

2019年です!そして日本的には新元号の年。冷静に考えると昭和、平成、そして新元号と三代にわたる元号を越え、役所とかの資料で「明治」に丸をつける人の気持ちがわかるというチョコッとだけ複雑な気持ちです。明治、大正、昭和、平成・・・さて、次は何になるのやら。まぁ新元号初のゲームをリリース!なんて事は出来ませんが。。。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2019年1月1日のゲーム記事
「ゲーム業界人に訊く2018年の振返りと2019年の抱負【年頭所感】」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    昔の名作に頼ったゲーム業界に将来はありません。最終的にはロリコンエロゲームで終わるでしょう。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。