PS4『龍が如く5 夢、叶えし者』各主人公のストーリー冒頭を公開─複数の物語がやがて1つの事件へと収束していく

PS4『龍が如く5 夢、叶えし者』各主人公のストーリー冒頭を公開─複数の物語がやがて1つの事件へと収束していく
PS4『龍が如く5 夢、叶えし者』各主人公のストーリー冒頭を公開─複数の物語がやがて1つの事件へと収束していく
セガゲームスは、6月20日発売予定のPS4専用ソフト『龍が如く5 夢、叶えし者』に関して、各主人公が登場するストーリー冒頭部分の情報を公開しました。

PS4専用ソフト『龍が如く5 夢、叶えし者』プロモーション映像

■一つの事件へと収束していく5人の物語

今回紹介するのは、5人の主人公の序盤の物語。福岡、札幌、大阪、名古屋……各地でそれぞれの暮らしを営む主人公たちが出くわす、新たな抗争の火種が描かれる。5人の物語は、それぞれが独立した作品として成り立つ十分なボリュームと熱量がこもっており、それだけでプレイヤーの胸を熱くさせてくれるだろう。そして、それらがどうやって一つの事件へと収束していくのか? その答えはゲームをプレイして確かめてほしい。

●桐生編
2012年12月。
九州最大の歓楽街、福岡・永洲街で地元極道組織「山笠組」組長の斑目忠と、関東最大の極道組織「東城会」の六代目・堂島大吾が会談。

周囲を取り囲むおびただしい数の極道の表情が、事の重大さを表していた。会談を終え斑目と別れた大吾は、護衛も付けずにひとり夜の永洲街を歩き出す。向かった先は、タクシー乗り場。そこに停まる1台のタクシーに、彼の目的の人物がいた。
大吾は行き先も告げずタクシーを発車させると、ハンドルを握る“運転手”に向かって、東城会の厳しい現状を一方的に語る。

近江連合七代目の危篤……。近い将来、盃で保たれていた平和が終わり、東西全面抗争が始まる。そこで大吾は有事に備え、福岡を仕切る極道組織・山笠組を仲間に引き入れようと盃交渉のために永洲街を訪れていたのだという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2019年6月14日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュース

次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。