『聖剣伝説 レジェンド オブ マナ』20周年! こだわりの2D描写と新要素を詰め込んだ“自由な世界”がここに─思い出から“アナグマ語”まで、多彩な読者コメントも!

『聖剣伝説 レジェンド オブ マナ』20周年! こだわりの2D描写と新要素を詰め込んだ“自由な世界”がここに─思い出から“アナグマ語”まで、多彩な読者コメントも!
『聖剣伝説 レジェンド オブ マナ』20周年! こだわりの2D描写と新要素を詰め込んだ“自由な世界”がここに─思い出から“アナグマ語”まで、多彩な読者コメントも!
『聖剣伝説』シリーズは、ゲームボーイソフト『聖剣伝説 ~ファイナルファンタジー外伝~』から始まりました。この作品のヒットがきっかけとなり、『聖剣伝説2』がSFC向けにリリース。ここでシリーズ展開が決定し、『聖剣伝説3』もSFCソフトとして登場しました。

しかし、ここでナンバリング展開が一端止まり、外伝的なタイトルとなる『聖剣伝説 LEGEND OF MANA』が登場。本作は、プレイステーション向けとしては初の『聖剣伝説』作品でもありました。初代から『3』までの『聖剣伝説』シリーズは、任天堂ハードのみに展開。そのため、『聖剣伝説 レジェンド オブ マナ』のリリースは当時のファンを驚かせました。

新展開への驚きと、そして魅力的な内容が相まって、プレステ市場でも『聖剣伝説』の名を知らしめた『聖剣伝説 レジェンド オブ マナ』。本作が発売されたのは1999年7月15日なので、本日でちょうど20周年となります。この記念すべきアニバーサリーを祝い、今回は『聖剣伝説 レジェンド オブ マナ』を振り返ってみたいと思います。

◆初のナンバリング外作品は、意欲とこだわり、そして自由に満ちた新しい『聖剣伝説』に

『聖剣伝説』シリーズは、世界の根幹に根差す存在である「マナ」といった共有するキーワードが登場しますが、主人公などはその都度一新されており、どの作品から遊んでも大きな問題はない作りとなっています。

各作品の繋がりという意味では、比較的緩やかな『聖剣伝説』シリーズですが、その上で外伝的な立場となった『聖剣伝説 レジェンド オブ マナ』には、これまでのナンバリング作にはなかった新システムなどが多数盛り込まれました。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2019年7月15日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュース

次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。