「ニンテンドーDS」本日12月2日で15周年! 2画面で広がった新たな世界がここに─「初めてのゲーム機」「夢中になって充電切れ」など読者の思い出も

上記のような、カジュアルユーザーも名前を知るような作品だけでなく、ゲームファンに愛されたタイトルも数多くありました。文字通り枚挙に暇がないほどなので、個人的な想いも交えてごく一部のみ紹介させていただきます。

まず忘れがたいのが、筆者がDSを買うきっかけになった『きみのためなら死ねる』。こちらもミニゲーム集ですが、バカバカしさを貫き通したセンスは超一流。ゲーム機に息を吹きかける、という前代未聞の体験を味わった時には、思わず笑いがこみ上げてきました。また、タイトルの真の意味に気づいた時には「やられた!」と膝を打ったものです。ちなみにミニゲーム集といえば、キャラクターや世界の尖り具合が鋭すぎる『みずいろブラッド』も外せない1作。DSのミニゲーム集は、どこかおかしい・・・!

時間を超え、悲劇の回避を目指すRPG『ラジアントヒストリア』も、非常に刺激的な作品でした。その力を使って歴史に介入し、死すべき運命にあった仲間たちを助ける手応えは、他に変えがたい魅力があります。そしてラストバトルで明かされる真実は、今も記憶に残るほど。こちらは3DS向けにリメイクされているので、気になる方はぜひプレイを!

こちらはかなり有名な作品ですが、『世界樹の冒険』シリーズにもハマりました。タッチスクリーンの機能を活かした「ダンジョンを手書きでマッピングする」という新システムは、一見すると面倒なだけにも思えますが、やってみるとクセになる楽しさが。自分だけの地図でダンジョンに挑む・・・気分はまさに冒険者でした。『III』のルートをまだひとつしか見ていないのが心残りです。プレイしなければ。

この記事の画像

「「ニンテンドーDS」本日12月2日で15周年! 2画面で広がった新たな世界がここに─「初めてのゲーム機」「夢中になって充電切れ」など読者の思い出も」の画像1 「「ニンテンドーDS」本日12月2日で15周年! 2画面で広がった新たな世界がここに─「初めてのゲーム機」「夢中になって充電切れ」など読者の思い出も」の画像2 「「ニンテンドーDS」本日12月2日で15周年! 2画面で広がった新たな世界がここに─「初めてのゲーム機」「夢中になって充電切れ」など読者の思い出も」の画像3 「「ニンテンドーDS」本日12月2日で15周年! 2画面で広がった新たな世界がここに─「初めてのゲーム機」「夢中になって充電切れ」など読者の思い出も」の画像4
「「ニンテンドーDS」本日12月2日で15周年! 2画面で広がった新たな世界がここに─「初めてのゲーム機」「夢中になって充電切れ」など読者の思い出も」の画像5

当時の記事を読む

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「ニンテンドーDS」本日12月2日で15周年! 2画面で広がった新たな世界がここに─「初めてのゲーム機」「夢中になって充電切れ」など読者の思い出も」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    ロックマンはダストマンとかファラオマンとかアイスマンとかカットマンとか印象に残ってます。でも。。。途中でついて生きなくなってPSから。。。

    0
  • 匿名さん 通報

    DSにポケモンのブラックかホワイトどっちか忘れたけどソフト入れて持って行って遊んで帰ったら無くしてたのは良い思い出...あの後探しても見つからなかったDSはどうなったんだろう

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「任天堂」に関する記事

「任天堂」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「任天堂」の記事

次に読みたい「任天堂」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月2日のゲーム記事

キーワード一覧

  1. 任天堂 株価

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。