レトロフューチャーな火星で繰り広げられるタワーディフェンス×ローグライクの戦略SLG『Mars or Die! ~火星!さもなくば死を!~』プレイレポ

レトロフューチャーな火星で繰り広げられるタワーディフェンス×ローグライクの戦略SLG『Mars or Die! ~火星!さもなくば死を!~』プレイレポ
レトロフューチャーな火星で繰り広げられるタワーディフェンス×ローグライクの戦略SLG『Mars or Die! ~火星!さもなくば死を!~』プレイレポ
       
「タワーディフェンス、ローグライクそして戦略シミュレーションジャンルのハーモニー」という言葉を聞いてどんなものが連想されるでしょうか。なんだかわかるようでよくわからないこの一文は、ニンテンドースイッチで現在セール中のインディー作品、『Mars or Die! ~火星!さもなくば死を!~』の謳い文句です。

挙げられている3つのジャンルそれぞれはイメージできますが、それらをかけ合わせた作品とは一体どのようなものなのか?実際にプレイしてみての特徴を紹介していきます。

『Fallout』シリーズのような、レトロフューチャーを意識した映像美
まずゲームを初めて目を引くのは特徴的なメニュー。銀縁のウインドウに緑と黒で配色された随分質素な作りになっています。画面を見ただけでビビッと来る人も多いのではないでしょうか。これはいわゆる「レトロフューチャー」と呼ばれるカルチャーを意識したものです。

初期メニュー画面。ビンビンに伝わるレトロフューチャー感。
これだけでなんだかワクワクしてきますよね。
ゲーム作品では『Fallout』シリーズなどが特に有名でしょう。『Fallout』に登場する変な形のテレビの残がいや、ウインドウ内の文字が緑色で配色されたPC端末などを思い浮かべるとわかりやすいかもしれません。

『Mars or Die! ~火星!さもなくば死を!~』ではこういった、昔の人がイメージした未来像である「レトロフューチャー」な世界観の火星を舞台に、先住民と生き残りをかけて戦うという筋書きになっています。
インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「任天堂 + 株価」のおすすめ記事

「任天堂 + 株価」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュースをもっと見る

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月30日のゲーム記事

キーワード一覧

  1. 任天堂 株価

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。