『仁王2』完成発表会に竹中直人さん、波留さんが登壇─「自分の顔が大嫌い」「ゲームは日課です」など、撮影時のエピソードや本作への思いを語った

       
「1本の映画をパート別に撮るんだけど、ある部分では映像が融合します。そのため、お互いがどのように演出するのか、3人の心を探り合う時間があるんです。だから、孝之はそっちのカメラワークでいくんだ、俺はこっちでいきたかったのに……ということが起こり、現場には微妙な緊張が広がっていましたね」と述べました。

波瑠さんは最も緊張した瞬間に、自身がヒロインを演じた2015年放送のNHK連続テレビ小説「あさが来た」の制作発表を挙げました。「朝ドラヒロインのオーディションは書類、面接2回、カメラテストと段階があります。全て終えて結果待ちの時に、もう一度審査したいから大阪まで来てくれと言われました。私は何をするのか知らされないまま向かうと、朝ドラヒロインの発表記者会見のために呼んだと。まだ現実を把握していない段階だったのに、話すことを考えてねと言われてパニックでした」と伝えました。

達成感を感じたことでは、竹中さん監督として波瑠さんを主演に起用された映画「山形スクリーム」を思い出す一幕がありました。竹中さんは「天候に恵まれなくて、2か月もの間、雨の合間で撮影でした。最終日も雨で、スケジュール内に間に合わないと思っていたら、雨の向こうに見えた青い空が広がって快晴。無事にラストの撮影ができた時は、本当に終われて良かった」と感慨深く語りました。

当時は高校生だった波瑠さんも「全然経験がなかったのにセーラー服でチェンソーを持って戦う殺陣のシーンをやったので、終わった時はものすごい達成感でした」と頷きました。

当時の記事を読む

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「RPG」に関する記事

「RPG」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「RPG」の記事

次に読みたい「RPG」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月11日のゲーム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。