「ゲーム会社を作りたい」―R-1王者にしてゲームクリエイター!マヂカルラブリー・野田クリスタルのゲーム観と将来像、そして筋トレ論とは

「ゲーム会社を作りたい」―R-1王者にしてゲームクリエイター!マヂカルラブリー・野田クリスタルのゲーム観と将来像、そして筋トレ論とは
「ゲーム会社を作りたい」―R-1王者にしてゲームクリエイター!マヂカルラブリー・野田クリスタルのゲーム観と将来像、そして筋トレ論とは
お笑いコンビ・マヂカルラブリーのボケ担当であり、2020年のピン芸コンテスト「R-1ぐらんぷり(以下、R-1)」でチャンピオンに輝いた野田クリスタルさん。

実は野田さんはYouTubeでゲーム実況を行うなどゲーマーとして知られており、自身でインディーゲームを企画・制作するクリエイターとしても活動されています。本サイトでも以前、野田さんオリジナルの通称"野田ゲー"から初めて製品化された『すごいことになりそうだ!組体操合戦』を特集しました。

今回は、そんな野田クリスタルさんと、弊社(株式会社イード)にて媒体ビジネス統括を務め、インサイド・Game*Sparkでも「e-Sportsの裏側」を連載している森 元行氏(偉い人です)の対談インタビューをお送りいたします。なぜこの2人の対談になったのか……というのは読んでいただければわかると思います。

◆着想から製作、野田ゲーが出来るまで

森元行(以下、森) 本日はよろしくお願いいたします。簡単に自己紹介をお願いします。

野田クリスタル(以下、野田) はい、マヂカルラブリーの野田クリスタルという芸人です。15歳でお笑いを始め、16歳で吉本に入り、コンビ解散などを経て今に至ります。

森 改めましてR-1での優勝おめでとうございます。自作ゲームネタでの制覇になりましたが、あのような着想はどうやって生まれるのでしょう。

野田 ありがとうございます。着想ですか、うーん……1本目の『もも鉄』で言えば、『桃太郎電鉄』シリーズが2020年に出るなぁと思ったのがキッカケですね。そこから「何か1本作るか」と思って、気づいたらタイトルが「太ももが鉄のように硬い男てつじ」になって、そこから数珠つなぎにゲーム内容の発想が出てくる感じですかね。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月3日のゲーム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。