『あつまれ どうぶつの森』いざ、コスプレイヤーの“アヴァロン(理想郷)”へ!美男美女の仮面舞踏会から狩猟生活まで

『あつまれ どうぶつの森』いざ、コスプレイヤーの“アヴァロン(理想郷)”へ!美男美女の仮面舞踏会から狩猟生活まで
茶々丸@cyama28/画像提供:茶々丸
3月20日に任天堂から発売されたニンテンドースイッチ『あつまれ どうぶつの森』は、世界全体で1ヶ月間のダウンロード版販売数が500万本を超えるなど、大ヒット中を記録しています。

本作はシリーズ初の「無人島」 を舞台に、「何もないから、なんでもできる」のキャッチコピーの通り、自分の理想とする暮らしを作り上げる体験が大きな魅力。

昨今は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策で自己隔離が強いられ、友人と距離を置かなければならない現実があります。しかし、ゲームの中では、オンラインで友人と過ごすことができます。

『あつまれ どうぶつの森』はイベント中止やスタジオ撮影自粛など、大きな活動制限を受けたコスプレイヤーにも歓迎されており、Twitterで島の開拓や生活の様子を報告する姿が多く見られます。そこで、コスプレイヤーたちに、“アヴァロン(理想郷)”な自分の島を紹介してもらいました。

コスプレイヤーの眩しい画像を一気見する
■美男美女とのパラダイスを謳歌「あなたのこと、あいし島」/茶々丸 @cyama28
茶々丸@cyama28 姑獲鳥『陰陽師』/撮影:ショベ(@shovel_chopper)
茶々丸さんはTwitter上で、「うちの住民はイケメン度数が高い!」と早くから喜びの声をあげていました。リソースの多くを中世ヨーロッパの社交会「仮面舞踏会」さながら、美男美女のどうぶつを招いた宴に注ぎ込み、「パラダイス」な日々を謳歌しています。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「どうぶつの森 + アプリ」のおすすめ記事

「どうぶつの森 + アプリ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ファイアーエムブレム」のニュース

次に読みたい関連記事「ファイアーエムブレム」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「MOTHER2」のニュース

次に読みたい関連記事「MOTHER2」のニュースをもっと見る

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月28日のゲーム記事

キーワード一覧

  1. どうぶつの森 アプリ

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。