明日発売!ミステリーアドベンチャー『Root Film』プレイレポ─風光明媚な島根県に再び“マックスモード”が炸裂する!

明日発売!ミステリーアドベンチャー『Root Film』プレイレポ─風光明媚な島根県に再び“マックスモード”が炸裂する!
明日発売!ミステリーアドベンチャー『Root Film』プレイレポ─風光明媚な島根県に再び“マックスモード”が炸裂する!
       
2020年7月30日、角川ゲームスよりニンテンドースイッチ/PS4対応ソフト『Root Film』(ルートフィルム)が発売となります。本作は全世界で40万本のセールスを記録した『√Letter』(ルートレター)に次ぐ、角川ゲームミステリーの最新作。

『クロックタワー』などの作品を企画したことで知られる河野一二三氏がシナリオ兼ディレクターを、『ラブプラス』シリーズなどでおなじみの箕星太朗氏がキャラクターデザインを担当しています。

島根県を舞台に、八雲凛太朗とリホのW主人公による新たなミステリーが展開する本作。前作で好評を得た、事件の追及を行う「マックスモード」は今作でも健在です。探索中に得た様々な手がかりをどのように活かしていくのかが、事件の謎を解く鍵となっています。本稿では、『Root Film』のプレイレポートをお届けします!

島根県の美しい風景を楽しみながら、重要な手がかりを発見!
本作の物語は、映像作家・八雲凛太朗がフィルムに映りこんだ怪奇現象について、アシスタントの曲愛音と共に原因を調査するシーンからスタートします。頼れる相棒と一緒に松江城や宍道湖(しんじこ)などの有名な観光地を巡りつつ手がかりを集め、主要人物や現地の人などから話を聞き出しながら、ストーリーを進めていきます。

箕星太朗氏が手掛けたキャラクターはいずれも魅力的で、一枚絵がこれでもかというくらい、豊富に用意されています。行く先々で出会うことになる地元の人々も愛嬌たっぷりで、方言なまりなセリフも相まって、島根を旅しているような気分にたっぷりと浸れました。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュース

次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月29日のゲーム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。