今こそ日本が世界に誇る文化「くっころ」を知るべし!『くっころでいず』で学ぶ女騎士の生き様【ゲーミング自由研究】

皆さんは「くっころ」をご存じでしょうか。そうです、「くっ、殺せ……!」を略した、あの「くっころ」です。「女騎士が敵に捕らわれた際に発する言葉ランキング」上位入賞間違いなしの、あの「くっころ」です。

大抵の場合「殺すには惜しい」という展開になることまで含め、いつの間にやらファンタジー系作品ではシリアスからギャグ展開まで定番になりつつあるこのフレーズ。なんと今ではそんな「くっころ」シチュエーションにフォーカスした、女騎士が異世界からやってくる『くっころでいず』なるアドベンチャーゲームまで登場しています。

西洋騎士が登場するシチュエーションが、なぜ侍の国・日本でここまで発達したのか。折角の夏休み、私たちはこれまでザックリと認識してきた「女騎士」と「くっころ」ジャンルについて、もっとよく知る機会を設けるべきではないでしょうか。

今回はゲーミング自由研究として、発売されたばかりのスイッチ版『くっころでいず』を題材に、女騎士という生き様を紐解いて行きたいと思います。

女騎士は辱めを受けない
そもそも女騎士は何故、敵に捕まったことで「くっ、殺せ……!」となってしまうのか。それは騎士のプライドにかけて、「虜囚の辱めを受けながら生きるくらいなら命などくれてやる」という精神の表れだと考えられています。

つまり「くっころ」とは、戦に敗れてなお誇りを失わない女騎士の高潔さを表したセリフ。殆どの場合でその願いは聞き入れられられないとしても、です。

この記事の画像

「今こそ日本が世界に誇る文化「くっころ」を知るべし!『くっころでいず』で学ぶ女騎士の生き様【ゲーミング自由研究】」の画像1 「今こそ日本が世界に誇る文化「くっころ」を知るべし!『くっころでいず』で学ぶ女騎士の生き様【ゲーミング自由研究】」の画像2 「今こそ日本が世界に誇る文化「くっころ」を知るべし!『くっころでいず』で学ぶ女騎士の生き様【ゲーミング自由研究】」の画像3 「今こそ日本が世界に誇る文化「くっころ」を知るべし!『くっころでいず』で学ぶ女騎士の生き様【ゲーミング自由研究】」の画像4
「今こそ日本が世界に誇る文化「くっころ」を知るべし!『くっころでいず』で学ぶ女騎士の生き様【ゲーミング自由研究】」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ゲームニュースランキング

ゲームランキングをもっと見る
お買いものリンク