題材はうんこ! 腸内細菌擬人化ゲーム『うんコレ』プレイレポ―ネタ寄りの第一印象から一転、その本質は真面目な健康管理アプリだった

題材はうんこ! 腸内細菌擬人化ゲーム『うんコレ』プレイレポ―ネタ寄りの第一印象から一転、その本質は真面目な健康管理アプリだった
題材はうんこ! 腸内細菌擬人化ゲーム『うんコレ』プレイレポ―ネタ寄りの第一印象から一転、その本質は真面目な健康管理アプリだった
       
※ゲームの性質上どうしても排泄物の話題が出てきますので、閲覧の際にはご注意ください。

日本うんこ学会は、iOS/Android向けゲーム『うんコレ』を11月15日(いいうんこの日)に配信しました。「うんこで救える命がある」をキャッチコピーに掲げる、腸内細菌擬人化ゲームとなる本作。

令和の時代にここまで「うんこ」を直球で投げつけてくるゲームはそうありません。この姿勢に感銘を受けた筆者は、迷わず本作をダウンロード。気になるゲーム性をさっそく体験してきましたので、今回はそのプレイレポートをお届けします。

『うんコレ』はオープニングからツッコミどころ満載! 異世界で真っ先に行ったのは「観便」

いざアプリを遊んでみると、起動直後からプレイヤーを笑わせる仕掛けが登場。本作を手掛けた「日本うんこ学会」のロゴが達筆で表示されるうえ、なんと数パターンのボイス付き。「日本うんこ学会!」とはきはき宣言される本作の始まり方に、さっそく期待が高まります。

ゲームが始まるとプレイヤーは、トイレの流れる音をバックに異世界「ウントピア」で目覚めます。ウントピアは“トイレの向こう側の世界”らしいので、文字通り流されてきたのでしょう。

トイレットペーパー片手に話しかけてくる女神を前に、開口一番から便通の話題が展開。ストーリーはフルボイスとなっており、女神が便の太さや色、形を食い気味に聞いてきます。

異世界で目を覚ましたら、女神っぽい存在が便のことを聞いてくる……ゲーム開始からここまで1分足らずですが、異世界転生小説でもなかなか見ない怒涛の展開です。

当時の記事を読む

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月18日のゲーム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。