ゲーム19XX~20XX第23回:年末にPS3&Wiiが発売、そしてニンテンドーDSが市場を席捲した2006年を振り返る

2020年も残すところあとわずかとなりました。年末ということで皆さんもいろいろなゲームを買って楽しんでいることでしょう。そこで、今回の「ゲーム19XX~20XX」は年末にプレイステーション3とWiiが相次いで発売された、2006年のゲームを振り返ります。

ソニーのプレイステーション3は2006年11月11日に発売されました。かなりのハイスペックマシンでブルーレイドライブ、内臓ハードディスク、HDMI出力などを搭載。プレイステーション2のディスクソフトが遊べる下位互換性も備えており(初期型のみ)、新聞やテレビなどでも大きく取り上げられました。

日本での初回出荷台数が10万台と少なく、ゲーム機としては高価格(20GBモデルが49,980円、60GBモデルが59,980円)だったこともあって、出足は今ひとつでした。しかし、PS2ソフトの互換性を外すなど機能を一部制限したバージョンや本体をコンパクト化した低価格の新モデルを次々に投入。販売台数を着実に伸ばしていき、最終的に世界累計出荷台数8,740万台を記録しました(※1)。

※1:数字はいずれも一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会発行の『2020 CESAゲーム白書』より

任天堂のWiiは12月2日に発売。最大の特徴となったのが「Wiiリモコン」です。リモコンをテニスラケットやゴルフクラブなどに見立てて振る、レースゲームではハンドルとして使用するなど、本機は身体を直接動かす体感的な操作が可能になっていました。この新しいインターフェイスへの期待は大きく、発売日には多数の人が量販店などに殺到。日本での初回出荷分約40万台が即日完売となりました。

この記事の画像

「ゲーム19XX~20XX第23回:年末にPS3&Wiiが発売、そしてニンテンドーDSが市場を席捲した2006年を振り返る」の画像1 「ゲーム19XX~20XX第23回:年末にPS3&Wiiが発売、そしてニンテンドーDSが市場を席捲した2006年を振り返る」の画像2 「ゲーム19XX~20XX第23回:年末にPS3&Wiiが発売、そしてニンテンドーDSが市場を席捲した2006年を振り返る」の画像3 「ゲーム19XX~20XX第23回:年末にPS3&Wiiが発売、そしてニンテンドーDSが市場を席捲した2006年を振り返る」の画像4
「ゲーム19XX~20XX第23回:年末にPS3&Wiiが発売、そしてニンテンドーDSが市場を席捲した2006年を振り返る」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「プレイステーション」に関する記事

「プレイステーション」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「プレイステーション」の記事

次に読みたい「プレイステーション」の記事をもっと見る

ゲームニュースランキング

ゲームランキングをもっと見る
お買いものリンク