スイッチなどで「幻のアーケードゲーム」ラッシュ!? いわくつきの作品や20年越しの新作も登場

レトロゲームの波が来ているのか、最近のニンテンドースイッチでは往年の名作が次々復活を遂げています。11月18日には、かつてアーケードで人気を博したシューティングゲーム『怒首領蜂大復活』の予約販売がスタートしました。

それだけではなく、年末に向けてアーケードゲームファンが思わず唸ってしまうタイトルがいくつも控えている模様。今回はその中から3つの注目作をピックアップし、魅力を紹介していきます。

幻のゲームが今、蘇る…『時計じかけのアクワリオ』
「時計じかけのアクワリオ」は、今はなきゲームソフト会社「ウエストン」がアーケードゲーム向けに開発した作品。ジャンルは横スクロールアクションゲームで、1993年以降に稼働予定だったものの、諸事情によりリリースされませんでした。

リリースされなかった理由は、「時代にそぐわない」というもの。当時のアーケードゲームの主流が格闘ゲームだったことも影響し、ロケテストの結果が悪く、そのまま発売中止になってしまったようです。以降はロケテストを行ったプレイヤーの記憶にしか存在しないゲームとして、幻のタイトルとして扱われることに…。

しかしそれから約30年の時を経て、同作がまさかの復活。11月30日、ニンテンドースイッチとPS4用ソフトとして発売されることになりました。

経緯としては、ビデオゲームパブリッシャー「Strictly Limited Games」がオリジナルのゲームデータを発見したことがきっかけ。当時の開発スタッフが携わり、当時の雰囲気を意識しながら作られているようなので、90年前後のアーケードゲームが好きな方には“ドストライク”かもしれません。

この記事の画像

「スイッチなどで「幻のアーケードゲーム」ラッシュ!? いわくつきの作品や20年越しの新作も登場」の画像1 「スイッチなどで「幻のアーケードゲーム」ラッシュ!? いわくつきの作品や20年越しの新作も登場」の画像2 「スイッチなどで「幻のアーケードゲーム」ラッシュ!? いわくつきの作品や20年越しの新作も登場」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ゲームニュースランキング

ゲームランキングをもっと見る
お買いものリンク