『ダイパリメイク』ポケモンの“クセ強め”な歩き方にイブラヒムさんも驚き!?「何これ!」

『ダイパリメイク』ポケモンの“クセ強め”な歩き方にイブラヒムさんも驚き!?「何これ!」
拡大する(全4枚)
アイコン
ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』(ダイパリメイク)でバージョンアップしたポケモンの「連れ歩き機能」。これにより、あらゆるポケモンたちと「シンオウ地方」を旅することが可能になりました。

そして最近、プレイヤーの間では“独特な歩き方”をするポケモンに注目が集まっている様子。今回は、歩き方が特に個性的なポケモンたちを独断と偏見で紹介していきます。

名前の通りジグザク歩くジグザグマ
最初に紹介するのは、まめだぬきポケモンの「ジグザグマ」。『ポケットモンスター ルビー・サファイア』で、序盤のお供として手持ちに入れていたトレーナーも多いのではないでしょうか。

また、『ポケットモンスター ソード・シールド』では、新たに『ガラルのすがた』が発見されて話題になりましたね。そんなジグザグマは、「ポケモンずかん」によるとジグザグに歩くのが特徴なのだとか。

実際に連れ歩いてみると、たしかにジグザグ歩いています。スタスタと真っ直ぐ歩く主人公の後ろを一生懸命ジグザグ歩いている姿は実にキュートですね。

意地でもとぐろを巻き続けるアーボ
アニメ『ポケットモンスター』でロケット団のムサシが最初に連れていたことから、どこか悪役というイメージの強いアーボ。しかし本作で連れ歩いてみると、その凶悪なイメージが払拭されるクセの強い歩き方(?)を披露してくれます。

現実世界のヘビといえば、身体をうねらせて地をはって進むのが一般的。ですが、なんとアーボはとぐろを巻いたまま地面をスライドしていきます。たしかにヘビがとぐろを巻くのはその体制が落ち着くからと言われていますが、なにもそのまま歩かなくても…。

この記事の画像

「『ダイパリメイク』ポケモンの“クセ強め”な歩き方にイブラヒムさんも驚き!?「何これ!」」の画像1 「『ダイパリメイク』ポケモンの“クセ強め”な歩き方にイブラヒムさんも驚き!?「何これ!」」の画像2 「『ダイパリメイク』ポケモンの“クセ強め”な歩き方にイブラヒムさんも驚き!?「何これ!」」の画像3 「『ダイパリメイク』ポケモンの“クセ強め”な歩き方にイブラヒムさんも驚き!?「何これ!」」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ポケットモンスター」に関する記事

「ポケットモンスター」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ポケットモンスター」の記事

次に読みたい「ポケットモンスター」の記事をもっと見る

ゲームニュースランキング

ゲームランキングをもっと見る
お買いものリンク