モンスターハンターライズ:サンブレイク』の最新情報が、3月15日に放送された「スペシャルプログラム」を通して発表されました。

新拠点「エルガド」やそこで登場するメインキャラクター、強敵揃いの「王域三公」など、気になる内容ばかり。しかし、中にはよく見ないと気づけない“小ネタ”もあります。今回はそんな小ネタ13個を紹介!

◆チラッと映るヒノエ・ミノト姉妹
「チッチェ」のクエストカウンターには、「ヒノエ」と「ミノト」の描かれたポスターが貼られています。絵柄からするに、描いたのはミノト。受付嬢の先輩として、チッチェが尊敬しているのでしょうか?

◆ウツシ教官もエルガドへ?
新拠点には「ウツシ教官」らしき人影も。カムラの里に残らず、共にエルガドへ渡るのかもしれません。

◆茶屋はギルド側からの出張
新拠点に出張する茶屋は、店構えを見るに「ヨモギ」ではなく、ギルドの茶屋から出張する模様。店の代表として「茶屋のオテマエ」もやってきそう。

◆気になるトロッコ
茶屋の後方では、アイルーのトロッコが走っています。そして「天才研究員バハリ」が映るのも茶屋の近く。前作『モンスターハンターワールド:アイスボーン』で登場した「蒸気機関管理所」のように、ミニゲームを楽しめるかも。

◆新拠点にもフクズク
フクズクは新拠点でも健在。希少なアイテムを入手できる「フクズクの巣」も、エルガドに新しく作られていました。

◆西洋風になった郵便屋
飛脚のような「郵便屋のセンリ」に対し、新拠点の郵便屋は西洋風な装いに。18世紀頃のヨーロッパでは、郵便物の到着をラッパで伝えていたそう。エルガドの郵便屋も、頭にラッパをつけています。

この記事の画像

「『モンハンライズ:サンブレイク』ヒノエ・ミノト姉妹もチラッと登場!気づきにくい“最新情報の小ネタ13選”」の画像1 「『モンハンライズ:サンブレイク』ヒノエ・ミノト姉妹もチラッと登場!気づきにくい“最新情報の小ネタ13選”」の画像2 「『モンハンライズ:サンブレイク』ヒノエ・ミノト姉妹もチラッと登場!気づきにくい“最新情報の小ネタ13選”」の画像3 「『モンハンライズ:サンブレイク』ヒノエ・ミノト姉妹もチラッと登場!気づきにくい“最新情報の小ネタ13選”」の画像4
「『モンハンライズ:サンブレイク』ヒノエ・ミノト姉妹もチラッと登場!気づきにくい“最新情報の小ネタ13選”」の画像5