ゲーマーと一口にいっても、色んな人がいます。僕は10年近く前から、毎週ゲームを持ち寄って遊ぶというイベントを催しています。場所を借り、Twitterなどで広く募って、みんなでデジタルゲームや、ボードゲームを持ち寄って遊びます。そのおかげで、これまで1,000人ぐらいのゲーマーの方と出会い、一緒に遊びました。

ゲームに対する考え方や遊ぶスタイルもまったく違う人たちがいる一方、傾向が似ているな、という人たちも当然います。そこで、これまで実際に出会ったゲーマーの人たちを、いくつかのパターンに分類して、具体例をあげつつご紹介してみたいと思います。あなたもこの分類のどこかに当てはまるかもしれません。

■やったことがないゲームがしてみたい 雑食ゲーマー
常に新しい体験を求めているタイプ。自分がやったことのないゲームを追い求めていくので、結果的に色んなジャンルに手をだすことになります。新しいもの好きで、インディーゲームを好む人も少なくありません。いろんなゲームが遊びたいので、いつもゲームを遊ぶ時間が足りません。好きなゲームをずっと遊んでいたい気持ちと、新しいゲームを遊びたい気持ちの板挟みで悩みがち。ちなみに、僕はこれにあてはまります。

■このゲームだけをやりつづける 一筋ゲーマー
雑食ゲーマーとは逆に、1つのゲームだけをずっとやり続ける人。以前『カルドセプト』という対戦ゲームの大会を開いたことがあります。参加者の1人に「カルドセプトに飽きたら他のゲームはやらないの?」と聞いたら、「カルドセプトの前は、前作のカルドセプトを遊んでいましたし、次は次回作のカルドセプトを遊ぶ予定です」と言っていました。自分とはあまりに違うタイプのゲーマーさんなので、その時はちょっとびっくりしました。しかしそういう人達はいるのです。

この記事の画像

「【ゲームの選び方や遊び方で分かる】ゲーマー分類図鑑【あなたは何ゲーマー?】」の画像1 「【ゲームの選び方や遊び方で分かる】ゲーマー分類図鑑【あなたは何ゲーマー?】」の画像2 「【ゲームの選び方や遊び方で分かる】ゲーマー分類図鑑【あなたは何ゲーマー?】」の画像3 「【ゲームの選び方や遊び方で分かる】ゲーマー分類図鑑【あなたは何ゲーマー?】」の画像4
「【ゲームの選び方や遊び方で分かる】ゲーマー分類図鑑【あなたは何ゲーマー?】」の画像5