ニンテンドースイッチ/Steam向けハンティングACT『モンスターハンターライズ:サンブレイク』の公式Instagramにて、王域三公の集合ラフ画が公開されました。

王域三公は新モンスター「メル・ゼナ」「ルナガロン」「ガランゴルム」の3体からなる、王国の領域を脅かさんとする本作の最重要ターゲット。ラフ画ではハンターを取り囲むように、3体がそれぞれの思考のもと行動する瞬間を描いています。

ガランゴルムはその力技と凶暴さから、今にもハンターに殴りかかろうと直感的。ルナガロンは漁夫の利を狙っているようで、両者の隙をうかがうずる賢いやつ。そしてメル・ゼナは冷静に高みの見物。自分が相手するに相応しい者を見定めているようですが、実際は自分の手をあまり汚さずに全てを得ようとする狡猾さだと言います。

さらに、メル・ゼナを中心とした縄張り争いの様子も公開。ルナガロンは尻尾で掴まれ、振り回された後に叩きつけ。ガランゴルム戦では“黒い霧”に身を隠し、瞬時に背後へ回り込んでいます。縄張り争いだけでなく、ハンターとの戦いでもこれらの技を使ってくるかもしれませんね。

『モンスターハンターライズ』の超大型拡張コンテンツ『サンブレイク』は、2022年6月30日に発売予定です。

この記事の画像

「『モンハンライズ:サンブレイク』王域三公の“集合ラフ画”がシビれるカッコよさ!それぞれの性格や縄張り争いの様子も」の画像1 「『モンハンライズ:サンブレイク』王域三公の“集合ラフ画”がシビれるカッコよさ!それぞれの性格や縄張り争いの様子も」の画像2