NHKで近日放送予定とされるドラマ「義経のスマホ」。その公式Twitterにて、『ポケモンGO』をはじめとする“いくつかのスマホ向けアプリ”を連想させるツイートが公開されました。

「義経のスマホ」は、「土方のスマホ」や「光秀のスマホ」といった「〇〇のスマホ」シリーズの最新作。もしも歴史上の偉人がスマホを持っていたら…をテーマに、各作品の主人公がスマホを駆使して、己が生きた時代をのし上がるSF時代劇です。

最新作となる「義経のスマホ」では、源義経がスマホを駆使して平家を滅ぼすとのこと。今回、そんな義経の自己紹介ツイートに、スマホゲームを遊んでいる人ならピンっとくるネタが仕込まれていたのです。

◆『ポケモンGO』ならぬ『公家モンGO』!『FGO』や『モンスト』らしきアイコンまで…
自己紹介で「最近は、公家モンGOにハマってます」と語る義経。どんなアプリかと見てみれば、画面中央に「ミチザネー」というキャラクターがおり、それを「モンスターボール」にそっくりなボールで捕まえようとしています。

ミチザネーとボールの位置、サークルやCP表示まで、そのUIは『ポケモンGO』そのもの。ボールが鞠模様だったり、逃げるコマンドが騎乗だったりと、時代設定にあわせた細かい変化も見て取れます。

また、義経のホーム画面には『Heike Insei Order(Fate/Grand Order)』や『オニスト(モンスト)』『ミヤステ(デレステ)』など、これまた某作品に似ているアプリが。ゲーム以外にも『AbenoTV(AbemaTV)』『Busicord(Discord)』『米ルカリ(メルカリ)』等々、見覚えのあるアイコンが多数ダウンロードされています。

この記事の画像

「“攻めまくるNHK”、『ポケモンGO』を大胆パロディ!新作ドラマで『FGO』や『デレステ』ネタまで飛び出す」の画像1 「“攻めまくるNHK”、『ポケモンGO』を大胆パロディ!新作ドラマで『FGO』や『デレステ』ネタまで飛び出す」の画像2 「“攻めまくるNHK”、『ポケモンGO』を大胆パロディ!新作ドラマで『FGO』や『デレステ』ネタまで飛び出す」の画像3