きたる5月29日、日本競馬最大の祭典である「東京優駿」(日本ダービー)が開催されます。そこでは『ウマ娘 プリティーダービー』と縁のある競走馬も多数出走する予定。一体どんな関係性があるのか、競馬初心者にも分かるようにご紹介していきましょう。

『ウマ娘』でも特別視されている「日本ダービー」
基本的なところからおさらいすると、「日本ダービー」はクラシック三冠と呼ばれる、3歳牡馬を対象とした3大レースの1つ。全てに勝利した馬は“三冠馬”と呼ばれ、未来永劫競馬の歴史に名を残すほどの栄誉を授かります。

その一方で『ウマ娘』においては、三冠馬が「三冠ウマ娘」と名前を変えて登場。“皇帝”シンボリルドルフと“怪物”ナリタブライアン、そして育成ウマ娘としては未実装のミスターシービーの3人が、三冠ウマ娘として描かれていました。

また、ゲーム内には「ダービーウマ娘」という肩書きも登場しており、大きな栄誉となっていることが分かります。メインストーリー第3章「夢を掴む特急券」をプレイすれば、その特別さとダービーにかけるウマ娘たちの想いがひしひしと伝わってくるでしょう。

キタサンブラック・エイシンフラッシュのファンは要注目!
そんな大レースである「日本ダービー」ですが、今年は『ウマ娘』に関係する競走馬たちが出走する予定です。

まずは、競馬ファンから大きな注目を集めているイクイノックス。その父は、JRA歴代2位の獲得賞金を誇る名馬であり、『ウマ娘』でも人気の高いキタサンブラックです。さらに母・シャトーブランシュの父はあのキングヘイローであり、将来性は抜群と言えるでしょう。

この記事の画像

「キタサンブラックにエイシンフラッシュ…『ウマ娘』ファンも熱くなる今年の「日本ダービー」」の画像1 「キタサンブラックにエイシンフラッシュ…『ウマ娘』ファンも熱くなる今年の「日本ダービー」」の画像2 「キタサンブラックにエイシンフラッシュ…『ウマ娘』ファンも熱くなる今年の「日本ダービー」」の画像3