オープンワールドRPG『原神』を毎日のように遊ぶ私は、今年3月に「ポスト原神」や「第二の原神」と噂されるゲームの存在を知りました。Level Infiniteのスマホ/PC向けオープンワールドRPG『Tower of Fantasy(幻塔)』です。

アニメ調のグラフィックに広大なオープンワールド。そのハイクオリティさも相まって、たしかに雰囲気だけなら『原神』っぽい。調べてみるとゲームシステムも『原神』に近いのだとか。いち原神プレイヤーとして非常に気になりました。

そして幸運なことに、4月19日から開催されていた「クローズドβテスト」(5月21日に終了)に当選!遊んでみてどれほど『原神』らしさがあったのか?『幻塔』ならではの特徴は何なのか?など、原神プレイヤー目線で感じた『幻塔』の魅力を紹介します。

◆世界設定はまったく別物!ロボット、AI要素ありの“SFワールド”
一番分かりやすい違いは世界設定だといえるでしょう。少々のメカニック要素はあれど基本的にファンタジーである『原神』に対し、『幻塔』はロボットやAIなどが入り混じる“近未来SF”です。簡単にまとめると以下のような設定になっています。

この世界の人類は、星間移民計画で新たな星「アイダ星」に定住。そこで未知のエネルギー「オムニアム」を獲得し、新文明を築いて発展し続けました。――しかし「大厄災」なる異常事態が発生し、放射線や時空断裂で文明はほぼ壊滅。

この記事の画像

「原神プレイヤー目線での『Tower of Fantasy(幻塔)』プレイレポ―「第二の原神」と言われたけど、遊んでみたら“本格MMORPG”だった」の画像1 「原神プレイヤー目線での『Tower of Fantasy(幻塔)』プレイレポ―「第二の原神」と言われたけど、遊んでみたら“本格MMORPG”だった」の画像2 「原神プレイヤー目線での『Tower of Fantasy(幻塔)』プレイレポ―「第二の原神」と言われたけど、遊んでみたら“本格MMORPG”だった」の画像3 「原神プレイヤー目線での『Tower of Fantasy(幻塔)』プレイレポ―「第二の原神」と言われたけど、遊んでみたら“本格MMORPG”だった」の画像4
「原神プレイヤー目線での『Tower of Fantasy(幻塔)』プレイレポ―「第二の原神」と言われたけど、遊んでみたら“本格MMORPG”だった」の画像5