本日2月29日(木)に発売を迎えたPS5向けアクションRPG『ファイナルファンタジー7 リバース(以下、FF7 リバース)』。本作から、シリーズのとある“有名アイテム”である「ちょっと背伸びパンツ」が削除されたようです。


◆ちょっと背伸びパンツ、令和では許されなかった
原作『FF7』では“ティファの部屋”を探索するシーンがあり、部屋のタンスを調べると「ちょっと背伸びパンツ」なるアイテムを入手できます。何が背伸びなのか、誰のパンツなのかは言わぬが花でしょう。

『FF7 リバース』でも同様のイベントがあり、もちろん部屋のタンスを調べられるのですが、肝心の「ちょっと背伸びパンツ」だけは入手できなくなっています。

ちなみに、部屋のタンスを開けるか開けないかはプレイヤーが選択可能。乙女の部屋のタンスを無断で開けるのは常識的に考えてデリカシーがないため、ティファとエアリスからは「最低!」と罵られることに。クラウドの無駄にカッコイイ「あとにはひけなかった」も聞けます。


開けなかった場合は、ティファも「そういう冗談、好きじゃないな」で済ませてくれます。バレットは「時代は変わったぜ、クラウド」と、まさに「ちょっと背伸びパンツ」が消えたであろう理由をポツリ。やはり令和の世では本アイテムは許されなかったようです。

『ファイナルファンタジー7 リバース』は、PS5向けに本日2024年2月29日(木)発売。通常版の価格は9,878円(税込)です。この他にも、各種特典をセットにした「コレクターズエディション」や、前作『ファイナルファンタジー7 リメイク』をセットにした「ツインパック」などを用意。
各エディションの詳細は、公式サイトをご確認ください。

© SQUARE_ENIX
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA / ROBERTO FERRARI LOGO
ILLUSTRATION:© YOSHITAKA AMANO