2024年5月18日~19日、東京・立川ステージガーデンで2Daysのライブイベント「ときめきメモリアル 30th ANNIVERSARY LIVE エモーショナル presented by TOKYO MX」が開催されました。本稿ではDay2のライブレポートをお届けします。


本ライブは、コナミデジタルエンタテインメントが1994年にPCエンジンで発売した恋愛シミュレーションゲーム『ときめきメモリアル』の30周年を祝して開催されたイベントです。

金月 真美さん、関根 明子さん、中 友子さん、川口 雅代さん、菅原 祥子さん、黒崎 彩子さん、笹木 綾子さん、五十嵐 麗さん、鉄炮塚 葉子さん、栗原 みきこさん、よしきくりんさん、菊池 志穂さん、津野田 なるみさんに主人公の親友・早乙女 好雄を演じたうえだ ゆうじさんを加えた計14人が出演。30年の月日を感じさせないオールスターが実現しました。

◆「もっと!モット!ときめき」のコールが完璧だった件
1曲目を飾るのは、初代PlayStationでリリースされた『ときめきメモリアル~forever with you~』の主題歌「もっと!モット!ときめき」。原曲は金月 真美さんがソロで歌っていますが今回のライブではヒロイン役のキャスト13人(ときめきオールスターズ)による歌唱で、懐かしさとともに特別感がグングン高まります。

30年越しにライブで聞ける日がくるとは…と感慨にふけりつつ、観客のコール&レスポンスが今もなお完璧であることに驚かされました。
我々はあの頃のときめきをまだ覚えている……!

歌唱後は出演者がそのまま壇上に残り、藤崎 詩織役の金月 真美さんが「今日はきらめき高校の同窓会です!」とあいさつ。川口 雅代さんは現在海外在住で、このライブのために急遽帰国したというエピソードを話してくれました。

◆キャスト陣が衣装七変化でさまざまな曲を彩る!
本ライブは歌唱の合間に映像が流れる構成になっており、「あなた(主人公≒プレイヤー)や藤崎 詩織を始めとするヒロインたちがきらめき高校で開催されている音楽祭に出演・参加している」ことがうかがえました。

そうして始まったライブは、金月 真美さんが歌う「だからっ!」でスタート。その後の鉄炮塚 葉子さんによる「Hero」に続く黒崎 彩子さんの「ゆかりとランチ」では、他のキャストたちが“クッキング妖精”に扮して登場し、ステージに彩りを添えました。

きらめき高校で行われている「音楽祭」でも同じようにヒロインたちが他のヒロインのパフォーマンスを支えているのだと思うと、どこかミュージカルのような趣も感じられます。


栗原 みきこさんによる「雨のちまた雨」も、上がり症の美樹原 愛に向けて主人公が「観客をムクだと思えばいい(ムクは彼女の愛犬の名前)」とアドバイスするかけあいを受けて栗原さんが「ムク~♪ 2,500人のムク~♪」と歌いだしの前に客席へ語りかけ、笑いを誘うとともに作中とのリンクを強めてくれました。

◆バッドEDの哀愁曲「女々しい野郎どもの詩」にも大歓声が!
『ときめきメモリアル』は恋愛シミュレーションゲームというジャンルの金字塔、草分けといえる作品で、1990年代後半はヒロインたちが歌う楽曲を収録したCDが多数リリースされる大きなムーブメントを生みました。その数はおそらくボーカル曲だけでも100曲を超えるほどで、本ライブはDay1とDay2でセットリストが大きく異なるという贅沢な講演となりました。

MCでは、ゲームでは男装の麗人(正確には、家の事情で周囲に女子であることを隠している)として登場する伊集院 レイを演じる津野田 なるみさんが「最初から女の子であることを隠さずイベントに出られることが新鮮で楽しい」と喜びをあらわに。また、現在はダンスインストラクターとしても活躍している笹木 綾子さんが、共演者の振り付けを一手に担ったというエピソードも明かされました。

また、出演者の中で唯一の男性であるうえだゆうじさんが歌う『ときめきメモリアル~forever with you~』のバッドED曲「女々しい野郎どもの詩」も、未練がましい歌詞、哀愁ただようメロディ、うえださんの歌唱力の高さなどが相まってある種のギャグになっている人気ナンバー。
本ライブでも、うえださんに大きな歓声が向けられました。

◆「ドラマシリーズ」へのフィーチャーに感激!
ライブのクライマックスを彩ったのは『ときめきメモリアル ドラマシリーズ』の楽曲群です。

「ドラマシリーズ」は主人公と特定のヒロインの関係性にスポットを当てたアドベンチャーゲームで、虹野 沙希をヒロインとした『虹色の青春』、片桐 彩子をヒロインとした『彩のラブソング』、舘林 見晴と藤崎 詩織のWヒロイン制を採用した『旅立ちの詩』の3作がリリースされました。

「出会えて良かった」、「Tomorrow~Beside you~」、「星空のパワー」、「幸せのイメージ」という三部作をなぞるセットリストには、さぞ感極まった観客も多かっただろうと思います(とりあえず筆者は感極まりました)。

そして再びのオールスターズ(ヒロイン役13人のキャスト)で「ハートのスタートライン~with you~」、10周年記念ソングの「10th SMILE(=じゅうねんスマイル)」が披露されると、あっという間だった3時間のライブにもついに終わりの時が。最後に金月さんは「詩織を演じていた時は、こんなに素敵な30年後がくるなんて思ってもみませんでした。
あの時の暖かい空間が今もあることに泣きそうです」と感謝の言葉をつづりました。

アンコールは、満を持して登場した『ときめきメモリアル~forever with you~』EDテーマ「二人の時~forver~」と、再びの「もっと!モット!ときめき」。好雄役のうえだゆうじさんも加わった、出演者オールキャストによる歌唱で締めくくられました。

◆主人公、30年越しの意趣返しを果たす!?
ライブの幕間で展開されてきた、きらめき高校の音楽祭も無事に閉幕。そこで帰宅しようとする主人公が一緒に帰ろうと声をかけてきた詩織に彼女の名(?)ゼリフで応じ、会場が大きな笑いに包まれました。ある意味、30年越しの意趣返しです。
観客の多くが「(こいつ、言いやがったッ…!)」と思っていたことでしょう。

それはともあれ、祭りの後というのは寂寥感に包まれがちなもの。「このまま大切な人ともう会えなくなってしまう気がする」と不安を見せる詩織に主人公はストレートすぎる告白まがいのはげましをし、今度は「よく言った!」と言わんばかりの歓声をあびるのでした。いやー、よかったよかった。いいものを見た。

会場では最後に「これからもときめきメモリアルの新情報にご期待ください!」というメッセージが表示され、ライブ終了後に公式Xでも同様の内容が告知されました。
恋愛シミュレーションゲームの金字塔『ときめきメモリアル』は、2024年5月27日で発売30周年を迎えます。今後の展開にも期待したいですね。

「ときめきメモリアル 30th ANNIVERSARY LIVE エモーショナル presented by TOKYO MX」Day.2セットリスト
M01.もっと!モット!ときめき(ときめきオールスターズ)

M02.だからっ!(金月 真美/藤崎 詩織役)

M03.Hero(鉄炮塚 葉子/朝日奈 夕子役)

M04.ゆかりとランチ(黒崎 彩子/古式 ゆかり役)

M05.薔薇の吐息(津野田 なるみ/伊集院 レイ役)

M06.雨のちまた雨(栗原 みきこ/美樹原 愛役)

M07.初詣 LOVE MOTION(よしきくりん/早乙女 優美役)

M08.Lunatic emotion(中 友子/紐緒 結奈役)

M09.水の都へ…(五十嵐 麗/鏡 魅羅役)

M10.Double Bubble 時代(黒崎 彩子/古式 ゆかり役、津野田 なるみ/伊集院 レイ役)

M11.ヒヤシンス(うえだ ゆうじ/早乙女 好雄役)

M12.Fiesta~赤と黒~(中 友子/紐緒 結奈役)

M13.Over the rainbow(菅原 祥子/虹野 沙希役)

M14.風よ(関根 明子/如月 未緒役)

M15.Sincerely~素直になりたい~(笹木 綾子/清川 望役)

M16.内気な眠り姫(栗原 みきこ/美樹原 愛役)

M17.女々しい野郎どもの詩(うえだ ゆうじ/早乙女 好雄役)

M18.出会えて良かった(菅原 祥子/虹野 沙希役)

M19.Tomorrow~Beside you~(川口 雅代/片桐 彩子役)

M20.星空のパワー(菊池 志穂/館林 見晴役)

M21.幸せのイメージ(金月 真美/藤崎 詩織役)

M22.▽のスタートライン~with you~(ときめきオールスターズ) ※▽はハートマーク

M23.10th SMILE(=じゅうねんスマイル)(ときめきオールスターズ)

M24.二人の時~forver~(全員)

M25.もっと!モット!ときめき(全員)
(C)2024 Konami Digital Entertainment