コーエーテクモゲームスは、PS5/PS4/ニンテンドースイッチ/Steam向けアクションRPG『Fate/Samurai Remnant』にて、DLC第3弾「断章・白龍紅鬼演義」を発表しました。配信日は6月20日(木)を予定しています。


◆DLC第3弾では新サーヴァント「趙雲」が登場!
DLC第3弾「断章・白龍紅鬼演義」では、吉原で幼子たちが姿を消す神隠し事件が発生。謎を追う中で「鳥の怪異」に襲われたり、「童子の姿の由井正雪」が現れたりするとのこと。

そして、新サーヴァントとして「逸れのライダー・趙雲」も登場。三国志の大英雄が江戸でどのような物語を繰り広げるのか注目です。

■あらすじ
姿を消す幼子たち。吉原に立つ神隠しの噂。
宮本伊織を誘う謎の声。突如襲い来る“鳥の怪異”。巻き起こる異変の数々を前に、あり得ぬはずの童子の姿で現れた由井正雪は言った。このままでは、江戸は滅びると。

霊地が乱れ、混迷を極める八百八町で、盈月に願いし者たちが手を携えて異変へと立ち向かう。その傍らには新たに現界したサーヴァントの姿があった。
跨るは白馬。振るうは涯角槍。逸れのライダーが戦場を駆ける。「趙子龍―――いざ参る!」
■プレイ条件
「断章・白龍紅鬼演義」をプレイするには、ゲーム本編の三章「災禍逃れし英霊を求め」を開始し、若旦那と話すまで進める必要があります。江戸地図から自由に移動できるタイミングで、江戸地図上の「断章・白龍紅鬼演義」を選択すると始められます。

DLC第3弾「断章・白龍紅鬼演義」は2024年6月20日(木)に配信予定。
価格は2,618円(税込)です。また、DLC3作をセットにしてお求めやすくした割引パス「Season Pass」も6,600円(税込)で販売中です。

©TYPE-MOON/コーエーテクモゲームス All rights reserved.