対戦格闘ゲーム『グランブルーファンタジーヴァーサス -ライジング-』にて、5月23日に配信された有料追加キャラクター「ベアトリクス」のバランス調整が発表。急な調整となってしまったことに、クリエイティブディレクターの福原氏からは「率直なところ調整不足であったと」説明されています。


◆早くも対戦環境で活躍する「ベアトリクス」が急遽ナーフ
追加キャラクターのベアトリクスは、飛び道具や攻撃をかいくぐりながら接近&追撃もできる突進技「ライディングフリー」を筆頭に、使いやすくて強力なアビリティやコンボを揃え、早々に“強キャラクター”として対戦環境で活躍しています。

こうした状況に福原氏は、「ベアトリクスについて、プレイヤーの皆様より様々なご意見をいただいております」と説明。意見の内容やゲーム全体のプレイ状況、今後予定されている各国の大型大会の存在などを加味しつつ検討した結果、いくつかの点の調整を急遽決定しました。

大項目として「ライディングフリーのリスク・リターンが見合っていなかった点」と「全体的なコンボダメージが、他キャラクターと比較しても突出して高くなりやすい点」の2つを挙げ、ダメージ量の減少や各フレーム数の増加といった調整が行われます。

◆福原氏も正直に「率直なところ調整不足であった」と説明
本調整に対して福原氏は、「ベアトリクスは原作でも非常に人気のキャラクターであり、本作でも配信以降多くのプレイヤーの方に使用していただいているにも関わらずこのような事になってしまい、大変申し訳ありません」と謝罪。続けて「率直なところ調整不足であったと考えており、以後同様のことがないよう運営・開発共々、再発防止に努めさせていただきます」としました。


本調整はVer.1.42として6月24日(月)ごろに配信予定とのこと。また、次回メジャーパッチとなるVer 1.50でも、大規模なバトル調整が予定されています。ベアトリクスのバランス調整内容や次回メジャーパッチの情報など、詳しくは公式サイトをご確認ください。