美しすぎた故の不幸…戦国時代、禁じられた悲恋に命を散らした少女・初音姫

美しすぎた故の不幸…戦国時代、禁じられた悲恋に命を散らした少女・初音姫
拡大する(全4枚)
いつぞや「美しすぎる~」なんて言葉が流行ったようですが、古来「過ぎたるは猶(なお)及ばざるが如し」とはよく言ったもので、どんなプラス要素であっても、過ぎれば却って不幸になってしまうのはよくあること。

そこで今回は、美しすぎた悲恋の少女・初音姫(はつねひめ)のエピソードを紹介したいと思います。

■禁じられた恋愛と、強いられる政略結婚

今は昔の戦国時代、志摩国の波切城(現:三重県志摩市)に初音姫という美しい少女が住んでおりました。その美しさと言えば、国じゅうの地頭たちが先を争って結婚を申し込んで来るほどで、父親の九鬼弥五郎澄隆(くき やごろうすみたか)は、次から次へ断るのに苦労したそうです。

しかし、澄隆は初音姫を在地の有力地頭・甲賀藤九郎(こうが とうくろう)に嫁がせる、いわゆる政略結婚を決めていました。

「初音よ。そなたは藤九郎殿に嫁ぐのだ。よいな!」

結婚に当事者の意思など許されない時代のこと、一族の棟梁にそう命じられれば黙ってうなずくより他にないのが常識ですが、初音は違いました。

美しすぎた故の不幸…戦国時代、禁じられた悲恋に命を散らした少...の画像はこちら >>


たとえどれほど美しくても、愛する人と結ばれねば、何の意味があるだろう。

「父上、どうかお願いでございます。わたくしは玄蕃允さまの許へ参りとう存じます……!」

玄蕃允とは志摩国における地頭衆の一人・越賀玄蕃允隆俊(こしが げんばのじょうたかとし)のことで、九鬼一族とはライバル関係に当たります。

聞けば玄蕃允とは相思相愛であるとの事で、つまり知らぬ間に「夜這い」をかけられてしまっていたのでした。

この記事の画像

「美しすぎた故の不幸…戦国時代、禁じられた悲恋に命を散らした少女・初音姫」の画像1 「美しすぎた故の不幸…戦国時代、禁じられた悲恋に命を散らした少女・初音姫」の画像2 「美しすぎた故の不幸…戦国時代、禁じられた悲恋に命を散らした少女・初音姫」の画像3 「美しすぎた故の不幸…戦国時代、禁じられた悲恋に命を散らした少女・初音姫」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Japaaanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク