伊達政宗の代になって急増する殉死者の数~秘密のベールに包まれた高野山

真言密教の聖地として秘密のベールに包まれた「高野山」ですが、今では外国の方や若い女性にも人気の観光地として解放されています。高野山の中央に位置する古刹「北室院」(昔は観音院)は、山内での仙台藩の菩提寺です。

-弘法大師空海が高野山を開創した当時、中院を中心に北室・西室・南室を建立したといわれ、北室(現在の北室院)は谷上地区に建立された。北室院は諸大名の帰依を受けたが、特に仙台伊達家の帰依は深かった-

伊達政宗の代になって急増する殉死者の数~秘密のベールに包まれた高野山


参照:北室院

伊達政宗の代になって急増する殉死者の数~秘密のベールに包まれた高野山


奥の院は、弘法大師の御廟のあるところですが、ここへ入るには一の橋(大橋)を渡ります。壇上(胎蔵界)と奥の院(金剛界)を区画する橋です。

その一の橋を渡ってすぐ左手に、伊達家二代忠宗公と三代綱宗公、となりに宇和島伊達家の墓所がありますが、さらに参道を進んで右側に伊達政宗公の墓所があります。

つまり伊達家の墓所は、2か所に分かれています。

伊達政宗の代になって急増する殉死者の数~秘密のベールに包まれた高野山


左が仙台伊達家、右奥が宇和島伊達家

高野山で一番大きな五輪塔は、二代将軍徳川秀忠の北の方(崇源院殿 一般には江)で、政宗公の墓塔は山内では第四位の大きさだそうです。

伊達政宗の代になって急増する殉死者の数~秘密のベールに包まれた高野山


伊達家墓所のどちらもすごい数の墓石が囲んでいますが、仙台藩の殉死者は全て五輪塔で、高野山における殉死者の扱いは極めて丁重なものであったことがわかります。

仙台藩殉死者は高野山でも特異な存在になってるそうで、他の諸大名は2~3名にすぎないのに伊達政宗公は20名、二代忠宗公で16名、他大変な数の殉死者を出しています。

あわせて読みたい

Japaaanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月6日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。