自分の母親を殺そうとした男の末路…平安時代の説話集『日本霊異記』が伝える親心エピソード

自分の母親を殺そうとした男の末路…平安時代の説話集『日本霊異記』が伝える親心エピソード
拡大する(全3枚)
昔から「出来の悪い子ほど可愛い」などと言いますが、どんな子であっても、愛さずにはいられないのが母親というもの。

それこそ命をかけて世に生み出した子供ですから、たとえ命の危機があろうと省みずに我が子のことを思い続ける母親は少なくありません。

今回は平安時代の説話集『日本霊異記(にほんりょういき。日本国現報善悪霊異記)』より、とある男とその母親のエピソードを紹介したいと思います。

■鬼に惑わされた男の末路

今は昔、とある男が鬼(モノ。悪霊)にとり憑かれてしまいました。

(……せ、……殺せ、……そなたの母を、殺せ!)

そなたの人生が上手くいかないのは、すべて母親のせいだ……あやつはそなたを愛しているようでいて、実は愛情を隠れ蓑に、そなたをスポイルしているのだ……あの母親を殺さずして、そなたの成功はあるまいぞ……!

最初はそんな声に耳を傾けなかった男ですが、次第に心の隙を衝かれて鬼の言い分を信じるようになってしまいます。

「殺す!殺す!俺は、母(ヤツ)を殺す!」

自分の母親を殺そうとした男の末路…平安時代の説話集『日本霊異...の画像はこちら >>


鬼にそそのかされ、母親を殺す妄執にとりつかれた男(イメージ)。

見開いた眼を血走らせ、一心不乱に刀を研ぎ続ける息子の異変に気づき、母親は問いただしました。

「若(も)し、汝(なんじ)鬼(もの)に託(くる)へるにや」
【意訳】もしかして、お前は鬼にたぶらかされているんじゃないのかい?

託うとは狂うの意味で、ここでは鬼に心を託して(奪われて)しまったことを示しています。

この記事の画像

「自分の母親を殺そうとした男の末路…平安時代の説話集『日本霊異記』が伝える親心エピソード」の画像1 「自分の母親を殺そうとした男の末路…平安時代の説話集『日本霊異記』が伝える親心エピソード」の画像2 「自分の母親を殺そうとした男の末路…平安時代の説話集『日本霊異記』が伝える親心エピソード」の画像3

当時の記事を読む

Japaaanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月2日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。