精力強化に熱心!?”夜の営み”で数々の伝説を残す江戸幕府11代将軍・徳川家斉

精力強化に熱心!?”夜の営み”で数々の伝説を残す江戸幕府11代将軍・徳川家斉
拡大する(全3枚)
みなさんは、徳川幕府第11代将軍と聞いて、すぐにその名前を思い出せますか?幕府を開いた初代将軍・徳川家康や、生類憐みの令を出した5代将軍・徳川綱吉などと比べると、歴史上では少し影が薄いかもしれません。

しかし、11代将軍の徳川家斉(とくがわいえなり)は、とあることでとても有名なんです!それは、彼の夜の生活の派手さ!

今回は、性にまつわる数々の伝説を持つ徳川家斉をご紹介します!

■徳川家斉とは?

精力強化に熱心!?”夜の営み”で数々の伝説を残す江戸幕府11...の画像はこちら >>


徳川家斉

徳川家斉は、江戸幕府の第11代将軍です。1786年(天明6年)に第10代将軍徳川家治(とくがわいえはる)が亡くなると、家斉は15歳という若さで将軍の座につきました。

ちなみに、家斉は御三卿のひとつである一橋家の出身です。当時幕府で老中の役割をつとめていた田沼意次(たぬまおきつぐ)と一橋家の画策により、第10代将軍徳川家治の養子となりました。

なお、彼は将軍職に50年間就き、これは、徳川幕府最長の将軍在任期間となっています。

■例を見ないほどの女好き!?

徳川家斉は、その側室の多さ、子どもの多さが何よりも有名です。

当時は、世継ぎを残すことが重要だったため、多くの将軍が正室以外に側室を持っていましたが、家斉はなんとわかっているだけで16人の側室を持ちました。

そして、男子26人、女子27人、合計53人の子どもをもうけました。

■精力強化に熱心!?

多くの側室を持っていた家斉ですが、夜の生活を楽しむためか、自身の性力増強に熱心だったといいます。生姜汁を毎日飲んでいたそうです。そして、オットセイの陰茎を刻み、すりつぶし、乾燥させたものを飲んでいたとも伝えられています。そしてその習慣から、「オットセイ将軍」なんて呼ばれていたとか。ちなみに、これらを服用していたからかどうかはわかりませんが、家斉は健康だったようで、在位50年のあいだに、大きな病気はしなかったそうです。

この記事の画像

「精力強化に熱心!?”夜の営み”で数々の伝説を残す江戸幕府11代将軍・徳川家斉」の画像1 「精力強化に熱心!?”夜の営み”で数々の伝説を残す江戸幕府11代将軍・徳川家斉」の画像2 「精力強化に熱心!?”夜の営み”で数々の伝説を残す江戸幕府11代将軍・徳川家斉」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Japaaanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク