意外と知らない日本における薬の歴史。縄文時代からすでに薬草が使われていた?

意外と知らない日本における薬の歴史。縄文時代からすでに薬草が使われていた?
拡大する(全6枚)
体調が悪くなったら最初に頼るのがお薬だと思います。今では全国各地にある薬局。お薬を手に入れるのもそれほど難しくはない時代です。

しかし、昔は薬に簡単にアクセスできませんでした。そこで今回の記事では、日本における薬の歴史について詳しくご紹介したいと思います!

こちらもあわせてどうぞ

効果が乏しいものばかり…江戸時代にはどんな避妊具や避妊の方法があったのでしょうか?

華やかな妓楼の壮絶な裏側!江戸時代の遊女はどんな病気にかかりやすかったの?

■薬の始まり

日本において、6世紀ごろまで薬に関する記録はほとんどなく、その様相があきらかになっていません。しかし、例えば縄文時代の人々はその生活スタイルから植物の知識が深く、その住居の跡からは、植物のキハダが発見されており、それは薬に使われたものと思われています。

意外と知らない日本における薬の歴史。縄文時代からすでに薬草が...の画像はこちら >>


乾燥させて生薬に

また、歴史書「古事記」のなかには、稲羽の白兎の負傷に対して蒲黄(ガマの花粉)を用いたということが書かれています。しかし、この当時は加持祈祷が病気治療の主な方法でした。

■飛鳥・奈良・平安時代における薬

大和時代ごろから、大陸から治療法と薬物が日本にもたらされました。また、459年には、百済の意志が来日し、難波の薬師の始まりとなりました。

飛鳥・奈良・平安時代になると、遣唐使・遣隋使の派遣によって、他の様々な文化とともに、医学の知識もさらにもたらされました。さらに、来日した鑑真は薬にも詳しく、鼻で薬をかぎ分けることができたそうです。

この記事の画像

「意外と知らない日本における薬の歴史。縄文時代からすでに薬草が使われていた?」の画像1 「意外と知らない日本における薬の歴史。縄文時代からすでに薬草が使われていた?」の画像2 「意外と知らない日本における薬の歴史。縄文時代からすでに薬草が使われていた?」の画像3 「意外と知らない日本における薬の歴史。縄文時代からすでに薬草が使われていた?」の画像4
「意外と知らない日本における薬の歴史。縄文時代からすでに薬草が使われていた?」の画像5 「意外と知らない日本における薬の歴史。縄文時代からすでに薬草が使われていた?」の画像6

あわせて読みたい

Japaaanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク