願いが叶わないと斬首!江戸時代から伝わる”顔のない〇〇坊主”の宿命とは?

願いが叶わないと斬首!江戸時代から伝わる”顔のない〇〇坊主”の宿命とは?
拡大する(全3枚)
■かつて「王」は殺されていた

かつて『金枝篇』という書物でJ.G.フレーザーが取り上げた習俗に、有名な「王殺し」というのがあります。

これは特にアフリカでよく見られたという古い習慣で、ある地域の権威者である王が病気や老齢で生命力の衰えを見せた時、伝統的なやり方で殺害あるいは自殺によって命を絶たれるというものです。

もともとこうした王の多くは神とイコールであり、あるいは神と通じるシャーマンとしての性格を持っていました。よって彼らは天候や季節などの自然を支配する存在で、土地の肥沃、国土の豊穣、人々の生活に対して責任を負っていたのです。

「王」でなくても、自然の運行に対して責任を負うシャーマンが、天候の変化に対する責任を負って殺されたり、あるいは生贄として捧げられたりする習俗というのは世界各地に存在したようです。もちろん日本も、無かったという証拠はありません。

今回はそんなお話になります。

■晴れないと「顔なし」のまま斬首!

「てるてる坊主」のことは、皆さんよくご存じだと思います。子供の頃に、ティッシュで作ったという方も多いのではないでしょうか?

願いが叶わないと斬首!江戸時代から伝わる”顔のない〇〇坊主”...の画像はこちら >>


実はあのてるてる坊主の歴史も古く、江戸時代の書物に「のっぺらぼうのてるてる坊主つるして」という記述があるそうです。のっぺらぼうなのには理由があり、墨などで顔を描いてしまうと雨でにじんでしまうからだそうです。にじむと泣き顔のようになり、かえって雨を呼び寄せてしまうんですね。

この記事の画像

「願いが叶わないと斬首!江戸時代から伝わる”顔のない〇〇坊主”の宿命とは?」の画像1 「願いが叶わないと斬首!江戸時代から伝わる”顔のない〇〇坊主”の宿命とは?」の画像2 「願いが叶わないと斬首!江戸時代から伝わる”顔のない〇〇坊主”の宿命とは?」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Japaaanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク