「鎌倉殿の13人」よかったね、小四郎…第13回「幼なじみの絆」振り返り
拡大する(全7枚)
千葉介常胤(演:岡本信人)「側女(そばめ)にうつつを抜かし、舅にも愛想を尽かされるようでは、坂東武者の主とは言えん!」

源頼朝(演:大泉洋)の浮気が発端で舅の北条時政(演:坂東彌十郎)が鎌倉を去り、御家人たちも愛想を尽かしつつある中、江間義時(演:小栗旬)の気苦労は絶えません。

頼朝「勝手なことばかり抜かしおって!」

頼朝に国単位の所領をせびろうとして追い出された源行家(演:杉本哲太)は信濃にいる木曽義仲(演:青木崇高)を頼り、その義仲を陥れるべく甲斐の武田信義(演:八嶋智人)が密告。

義時は源範頼(演:迫田孝也)と三浦義村(演:山本耕史)の3人で義仲への使者に立ち、敵対の意思がない証拠に人質を求めたところ、義仲は嫡男の木曽義高(演:市川染五郎)を鎌倉へ送り出すのでした。

「鎌倉殿の13人」よかったね、小四郎…第13回「幼なじみの絆...の画像はこちら >>


拒絶される頼朝(イメージ)

一方、あれだけの事件があっても懲りずに浮気を繰り返す頼朝ですが、亀(演:江口のりこ)の前には正室の政子(演:小池栄子)がいて失敗。今度は旧縁の八重姫(演:新垣結衣)に迫ったものの、既に心は離れていたようです。

頼朝「是非もない。鎌倉へ帰ろう」
安達盛長(演:野添義弘)「……それがよろしいかと」

そこへ一途な義時が相変わらず土産を持参し続け、ついに八重姫はほだされたのでした。めでたしめでたし。

……というNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第13回のサブタイトル「幼なじみの絆」とは、義時と八重姫の事だったようです。

この記事の画像

「「鎌倉殿の13人」よかったね、小四郎…第13回「幼なじみの絆」振り返り」の画像1 「「鎌倉殿の13人」よかったね、小四郎…第13回「幼なじみの絆」振り返り」の画像2 「「鎌倉殿の13人」よかったね、小四郎…第13回「幼なじみの絆」振り返り」の画像3 「「鎌倉殿の13人」よかったね、小四郎…第13回「幼なじみの絆」振り返り」の画像4
「「鎌倉殿の13人」よかったね、小四郎…第13回「幼なじみの絆」振り返り」の画像5 「「鎌倉殿の13人」よかったね、小四郎…第13回「幼なじみの絆」振り返り」の画像6 「「鎌倉殿の13人」よかったね、小四郎…第13回「幼なじみの絆」振り返り」の画像7