中国から伝わった「七夕」を見事にロマンチックアレンジ?した平安貴族たち:平安時代の雑学【6】

中国から伝わった「七夕」を見事にロマンチックアレンジ?した平安貴族たち:平安時代の雑学【6】
       
七夕のお祭りと言うと、皆さんは何をするでしょうか。笹竹に願い事を書いた短冊を吊るすのは定番ですし、地方によっては天の川に因んで素麺を食べたり、織姫と彦星にあやかろうと恋愛成就を願う人もいるかも知れません。実は、こうした風習は平安時代に生まれたお祭りが起源です。本項では、それを紹介していきます。

■七夕のモデルは乞巧奠(きこうでん)…て、そもそも何?

中国から伝わった「七夕」を見事にロマンチックアレンジ?し...の画像はこちら >>


七夕の元となったお祭りが日本で行われるようになったのは、奈良時代にさかのぼります。この頃の日本は、中国の唐から様々な文物や制度を導入しており、それと共に乞巧奠と言うお祭りが伝わって来ました。

これは庭先の祭壇に針などを捧げ、織女星(織姫)のように機織りやお裁縫が上達することを祈る儀式であり、後には芸事の発展を祈るものにもなります。一方、古代の日本には機織りをして神様に布や衣類を献ずる若い乙女を棚織津女(たなばたつめ)と呼んで尊ぶ風習がありました。

この棚織津女は清い水が流れる川辺などで機織りをしており、中国から渡来した牽牛(彦星)と織女の伝説にも近いものがあります。これらの伝承が混ざり合い、七夕のお祭りになった(※1)とも言われています。

(※1)七夕とかいて「タナバタ」と読む当て字もそうした背景で生まれたと言う説あり

■素朴な祭りだった七夕は、平安京で優雅な儀式に変わっていった

中国から伝わった「七夕」を見事にロマンチックアレンジ?した平安貴族たち:平安時代の雑学【6】


古代中国で生まれた七夕は、元をただせば針仕事を始めとした芸の上達を願う、素朴さが持ち味のお祭りでした。それを優雅でロマンチックな夜を過ごす行事にアレンジしたのが、平安時代の貴族達です。
Japaaanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月7日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。