マスクが買えるようになった今だから問う あなたは「布派」?「使い捨て派」?

新型コロナウイルスの感染拡大で、マスクは一時、日本全国の店から消えた。その後数か月を経て、今日ではドラッグストアや大手スーパー、コンビニエンスストアで買えるようになった。

メーカーは、今では使い捨ての不織布マスクのみならず、布マスクや夏向けの冷感マスクなどを開発・販売している。選択の幅が広がった現在、消費者はどんなマスクを、どんな理由で着けているのか。

「布マスクは手作り」が圧倒的多数

J-CASTトレンドでは、2020年7月16日~17日に公式ツイッターで、マスクは「布派か使い捨て派か」アンケート調査を実施した。61人が回答し、最も多かったのは布派で、27人。

理由として多く挙がったのが、肌への負担の少なさとコストパフォーマンスの高さだ。

「触感が優しく、安心感がある」
「使い捨てをずっと買い続けることを考えたら布マスクを買って使いまわしたほうが安いから」

中でも、自作した布マスクを着用している人が目立った。「コストの事を考えて手作りです」、「手拭いやハンカチ、端切れを使いました。政府から届いたガーゼマスクを解いて、プリーツマスクに仕立てました」、「マスク不足のときにサラシを1反買ってきて自分で作った」などだ。

使い捨て派は18人。「お手軽で衛生的なので」、「どうしても面倒(さ)から使い捨てを優先して使ってしまう」との理由が多かった。

「使い捨ての方が使い勝手や見栄えがよい(見栄えはアベノマスクでそう思うようになった)」という人もいた。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CASTトレンドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク