「ワクチンパスポート」で帰国時の2週間の隔離は 「Go To」復活の期待も?

「ワクチンパスポート」で帰国時の2週間の隔離は 「Go To」復活の期待も?
拡大する(全1枚)
ワクチンパスポートには課題も多い

「ワクチンパスポート」の申請受け付けが2021年7月26日から始まった。新型コロナウイルスのワクチン接種を受けたことを証明するものだ。当面は、海外渡航の際の利用を想定しており、発行対象者は、海外渡航予定のある人だ。諸外国にスムーズに入国できるということで、航空業界などから歓迎の声が上がっているが、課題も多い。

利用可能は5か国

一つは利用可能な国が、イタリアやトルコなどまだ多くないこと。日本にとって最重要な貿易相手国とは言えない。したがってただちに大きな効果は期待できそうにない。時事通信は、「影響は限定的」「企業にとって重要な国が(対象国として)増えれば経済活動の点でプラス」という大企業関係者の声を伝えている。

さらに、パスポートを利用しても、海外から日本に帰国するときの「2週間の隔離」については、変更がないことも課題として指摘されている。時事通信は、「日本入国時の緩和の実施も希望する」など、今後の運用拡大を求める企業の声も紹介している。

パスポートについては、ワクチン接種は個人の自由意思にゆだねられているにもかかわらず、その結果を公的に証明するという仕組みそのものについての疑問や批判もある。したがって、まだ導入した国は多くはない。また、他国が発行しているワクチン証明書を持参した入国者について、日本政府が隔離免除などの措置は取っていないこともあり、今のところ利用可能な国が急増しそうな気配はない。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CASTトレンドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク