東京五輪前半ハイライト5選 あなたの心に残った場面はどれですか【投票】

東京オリンピックは2021年7月30日、大会8日目を迎え全日程の中盤に差し掛かった。初日からきょうまで、日本の選手は各競技で大活躍だ。

中継では、多くの感動の場面が伝えられてきた。一方で、ちょっとしたハプニングや、選手の素顔がふっと現れたシーンも。J-CASTトレンド編集部では独断で、前半戦のハイライトを5つ選んでみた。皆さんの心に残った競技・場面はどれですか?

上野由岐子39歳、西矢椛13歳

ソフトボール:13年ぶりの感動金メダル
2008年の北京五輪を最後に、五輪競技から除外されたソフトボール。東京五輪で13年ぶりの金メダルを目指し、日本代表は決勝で宿敵・米国と相まみえた。先発は、北京・金メダリストの鉄腕・上野由岐子投手。初回に失点のピンチを切り抜けると、米国打線を5回までゼロに抑え、後藤希友投手にマウンドを譲る。打線は4回、5回に1点ずつをとり、2-0に。6回、米国の攻撃は1死一、二塁。ここで三塁強襲の当たりを山本優選手がはじくと、遊撃手の渥美万奈選手がノーバウンドで好捕、飛び出していた二塁走者を刺してダブルプレーとなり、無失点で切り抜けた。そして最終回。上野投手が再登板すると米国打線を3者凡退に抑えゲームセット。13年越しの金メダルをつかみとった。

柔道:初日からメダルラッシュ、「兄妹で金」も
日本のお家芸・柔道は男女とも金メダルラッシュに沸いた。男子は競技初日の60キロ級・高藤直寿選手から3階級連続。女子も70キロ級の新井千鶴選手、78キロ級の浜田尚里選手が連日の金だ。7月30日までに金銀銅合わせて11個を獲得している。なかでも、柔道男子66キロ級・阿部一二三選手と、女子52キロ級・阿部詩選手の兄妹そろっての金や、男女合わせて、日本柔道史上7人目の五輪連覇を成し遂げた男子73キロ級・大野将平選手は、大きな話題になった。大野選手と阿部一二三選手は、畳上での振る舞いにも注目が集まった。「礼の精神」を忘れないその姿に、賞賛や関心など、高く評価する声が寄せられた。


当時の記事を読む

J-CASTトレンドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク